トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

オリ島からヘルプ島へ・・・

オリエンテーション島にて

晴れて衣服を身に着けた私は、次なる目標であるオリ島
脱出を目指す。

日本語版と云っても、看板やメッセージは英語。
どうもピンと来ない。
何をどうすれば、この島を抜けることが出来るのか?

3つほど繋がっている小さな島の、それぞれの所に歩いたり
走ったり、飛んだり、車に乗って走ってみたり、看板をクリック
してみたり。しかし何も変わらない。またしても、ウーム・・・・
結局、またしても娘に、メールで聞いてみるしかないか。

「お父さん、私はもうとっくにオリ島を通過して、色んな店から
無料グッズを貰ったりしているよ。試験問題をクリアしないとね
と、来た!!
なに!! 試験問題だと・・・ そうだったのかあ。

慌てて、島同士を繋いでいる中央の看板を見に行ってみる。
どこっ!どこに書いて有るんだ!! くそーーわかんないよ。
とにかく、どこかにきっと有るのだから、明日じっくりやろう。

この続きは、明日・・・ 
-------------------------------------------------
SLニュース
昨日発売の東洋経済に、セカンドライフ特集が大きく出ています。

Sim0724_007_1
昨日に続いて、magical Forest of Apollonia にて

木馬に乗って動かすと、前後に大きく揺れます。
景色全体が動くので、まるで本当に乗っているみたい。
すごい臨場感!! 長く乗っていると酔うので注意!!

Sim0724_008_2
SL(蒸気機関車)に乗りました。
島を一周
時々、止めて景色を見たりしながら・・・
しかし子供を連れて入れたら最高なのになあ。

(セカンドライフは、18才未満お断りなのです・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裸の解決に二日間も・・・

オリ島を出るには?

着る方法が見当たらない!! 焦るあせる・・・
3時間ほど格闘し、ついに独力解決を断念・・・

慌てて親しいOST社に電話。
運よく若き役員Mさん(31歳?)が電話口に。
彼はこういう世界にも造詣が深いので、一発解決か!!

しかし彼は自宅のPCで一度セカンドライフに入ったが、
仕事が忙しくて、その後やっていないと。
「帰宅したらやってみますから」との回答・・・ウーーン

何しろ早く解決しないと、どこも歩けやしない。
そこで、上の娘に、「すぐにやってくれ」とメールし、翌日、
昼飯に誘うとOK!!
やたらゲームに強かった彼女なら、何とかしてくれるかも。

彼女の答えは、「お父さん、日本語の試用版が出ている
から、それをダウンロードしてやり直したら・・・
ムムム~

確かに、苦手な英語版で悶々と悩むより、日本語版なら
何らかの解決法が有るかも知れない。

そう云えば、ビルの中も結構、人が来るからと、分身は
屋根の上に置いたままだ!! 早く何とかして上げないと・・・

そこで、早速、日本語版をダウンロードしたのです。
途中まで英語版なのに、うまく行ってくれるのかなあ、と
すごく不安・・・しかし私の心配は杞憂に終わった。
この辺りは、実に良く出来ているんだねえ・・・

初心者用、日本語版マニュアルの役立つ時が来たのです。

結論から云えば、メニューの「持ちもの」の中のclothing
をクリックして、着せて解決!! 苦闘の二日間でした。
娘よ、Mさんよ、ありがとう!! 持つべきは・・・

ところで、オリ島(オリエンテーション島)を脱出するには??

この続きは、明日・・・

-----------------------------------------------
下の画像をクリックすると、大きく鮮明に表示されます!!念の為)

Sim0724_004 magical Forest of Apollonea島にて

この島は、まさに不思議の国のアリス状態。
色んな不思議が有りますよ。

まずは泉に入って撮影しました。

Sim0724_005
この目の前のボールが曲者!!

ひどい目に会いました・・・
そういう体験もノウハウを知る上で
悪くはないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやーー往生しました!!

オリ島で素っ裸に・・・

ショーカットからセカンドライフを選んで、いよいよスタート!!

大きな岩山の画面が出て来ました。
Connect をクリックすれば旅立ちです。
その前に現在の会員数や、取引高が右上に出ているので
見ると、680万人余り・・・フーーン
(私がスタートした、6/25の時の数字で、現時点は、840万人です)

オリ島に下り立ちました。
「おいおい、私のアバター(分身)は裸じゃないか?」 と、
見ていると、「ややっ!!勝手に着だしたぞ!!」
「良かったあ・・・そうか、これはそういうものなんだぁ・・・」 

まずは、↑↓←→キーでアバターの操作を開始する。
↑キーで前進、↓キーで後ずさり、「フムフム、何となく
良いねえ・・・」

メニューのFLYタブをクリックすると、「おおーー飛んだ!」
もう一回クリックで着地かあ・・・なるほどなるほど。
(当時のは、英語版なのです。日本語版は、「FLY」ではなく「飛ぶ」です)

そんな具合に、色々島を歩き回ったりした後、
自分のアバターの所にカーソルを置いて、右クリックすると
丸い図が出て来て、サブメニューが書いてある。
「take offって何だろう?」とクリックしてみると、さらにサブ
メニューが・・・「良く分からないけど、allを押してみるか」

ゲゲ゛ェ!! すっ裸になっちゃったよ!!

まあ、しかし裸になるのが、こんなに簡単なんだから、着る
のも、簡単に出来るはずだよなあ・・・

ところが、ところが・・・そんなイメージのタブがない!!
ど、どうすりゃ良いんだ。
あっちから女のアバターがやって来た。
これじゃ恥ずかしいから、急いでビルの中に入るしかないや。
隠れながら、take on を必至に探すが、無い!ない!

この続きは、次回に・・・

--------------------------------------------------

Lukey7770724_001

Lucky777という島のカジノです。

この中の指定されたCamp椅子に座っていると
8分間毎に2L$ずつ貰えます。
(L$はリンデンドルというセカンドライフ内の
通貨単位です)

070725_001
或る島の水の滑り台です。

勿論、空中に飛んで、うまくてっぺんに着地
させて滑るをクリックすると、下までスィーと
滑れます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悲惨な体験とは・・・

まあ、とにかく進むしか・・・

良く分からない英語版でも、登録は簡単なはず、と思いつつ
名前の欄に、saisanと記入し、姓は沢山の中から選択せよ
と有るので、見ると、まるで日本人には馴染めない物ばかり。

まあセカンドライフ自体、米国生まれなのだから、贅沢は禁物
と、a~zまで探せど、どれも「ウーーン」・・・
結局、読みやすくて忘れにくそうな、beck に決めたのでした。

後に知ったことですが、○○ beckさんの多いこと。
やっぱり私と同様に悩んだ末に、同じような理由で選んだの
かも知れないと、かなり (^_^) でしたよ。

登録は、必ずbasic会員を選びましょう!!
無料から始めるのが常識みたいですから。
続けてプログラムをダウンロードすれば、おおーーショートカット
が画面に出来ている!!

ここで一息、コーヒータイムと行きたいところだけど、やっぱり
クリックしちゃおう!!

悲惨な体験は、この段階ではまだ・・・それは明日にします。

Sim0724_001

或る島にて。

海辺のマットで一休み中・・・

-------------------

Sim0724_003

素敵な滝が流れていました。 

saisan beck

   

        

| | コメント (0) | トラックバック (1)

どうして「セカンドライフ」なのか?

なぜ、私が「セカンドライフ」を始めることになったのか。

NHKの「クローズアップ現代」をご覧になってる方は、6/22の
放送を見たことと思います。
今、仮想世界でのビジネスが話題になっている、と報じました。

「う!!なんだこれは?・・・」 私には、意味不明・・・

最後の方に、20代後半の男性が奥さんと二人の幼い娘さんと
登場し、リアル世界ではどこにも務めないで、この仮想世界の
中だけで、十分な収入を得ているとのこと。

これには驚きましたねえ・・・

何がなんだか分からない。
仮想世界でリアルなお金が得られるなんて、私みたいな古い
人間には、どうしても意味不明。当然でしょ!!

翌週の月曜日(6/25)に、新宿小田急食堂街の万世パーコ
ラーメン(私はこの味が好きで、2週間に一回は行くのです)

を食べた後、斜め前の本屋を眺めていたら、一冊の本が
目に止まったのです。

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸 

「ん? これがあの「クロ現」の話なのでは?」 と・・・
少し興奮しながら、私はすぐに買い求め、小田急の屋上に。

何しろ新宿駅付近で、本を読みながら、タバコが吸える場所は
なかなかないので、デパートの屋上は穴場なんだねえ・・・

著者は、浅枝大志さん、まだ24才という若さ。
とにかく読んでみて、「なるほど、これは行けるぞ!!」と
すぐに共感。(こういう所が私のリズムなんですねえ・・・)

一気に読み終えた後、まずは体験してみるぞ、と、翌日に
英語版でもいいや、と登録したのです。

しかし、悲惨な目に・・・この続きは、明日にしましょう。

以下はAkibaで撮った写真です

Akiba070724_001

ノスタルジックな日本家屋

Akiba070724_002

中に入るとソースやきそばなどが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HAYAMA島にて

手はじめに、「HAYAMA」という島に行ってみました。
当然ながら、湘南海岸の「
葉山」を連想したからです。

葉山は、私が19才の頃に泳いだ、思い出深い場所です。
   Hayama070724_001_2

 ← ここに降りると、まずはこんなイメージです。
   リアルの葉山とは、少し違うように思いますが・・・


-

Hayama070724_002_2
 ← 少し歩くと、海が見えてきます。
   良い所かも知れない、という予感が・・・


-

Hayama070724_003_2
 ← 海の方から撮った写真です。
   この島は、すごく景色が良くて静かで
   何となく癒されます。

-

この「HAYAMA」では、外人さんが別荘を販売しています。
こんな素晴らしい島に、素敵な別荘が持てたら、最高でしょうね
!!

シルバーの皆さんに、お薦めの場所なので、最初に紹介させて貰いました。

                                     斎さん               

| | コメント (3) | トラックバック (0)

はじめまして

はじめまして、斎さんと申します。
今日から、リンデン・ラボ社の仮想世界「セカンドライフ」巡り、と関連情報を
お伝えしてまいります。

シルバーから見た様々の島での感想が中心です。
若い人達とは、一味違う思いをお伝えできたらと思っています。

宜しくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年8月 »