« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

新しい友達が・・・

一昨日、hibiyaに居た時に、オーストラリアルナさんから
IMを貰いました。

さいさん、宮城県の人が居るので紹介したいのぉ~」
「おおーーそうですか。ぜひ!」

そう云えば、セカンドライフの中で同県人の話を聞くなんて
やはり宮城県Ryoma君と話して以来なので、たぶん半年
ぶりでしょうか。

しかし彼女が、どうして特に宮城県人だから紹介したいと
言って来たのか、不思議でなりません。

「だってなあ。みんな同県人同士で固まろうなんて、そんな
 狭い了見の時代は、日本でも終わってる筈だしなあ」

一時期、日本で大ブームになった頃には、妙に狭い地域で
固まってしまい、よそ者が少し疎外感を感じるというような
雰囲気が有ったりしたものですが、今はそんなことを感じる
ことは、全くなくなっています。

その上、ルナさんは日本からオーストラリアに移り住んでる
人ですから、狭い単位で見るなんて有り得ません。

なのでルナさんの意図が、今一つ理解できませんでした。

Hibiya090526_004 「こんにちは~」 とルナさん登場。
可愛い縫ぐるみを入れた籠を持って・・・
さいさん、呼ぶので待ってね」 「うん」


Hibiya090526_006そして現れたのは、車椅子に乗った
男性でした。名前はYoshikun (よしくん)。
「ん?」 一瞬どぎもを抜かれて絶句。


「こんにちは~宜しく~」 「よろしくお願いします」 と挨拶
しながら、私は次の句をどうしようか、と考えていました。

「あのぉ~よしさんてRLでも車椅子なんですか?」
「はい、そうです」
「ケガでもされたんですか?」 「天性からです」
「そうでしたか。ごめんなさい。不躾な質問をして」
「いいえ」

大変に失礼な質問は承知で聞いたんです。
もし仮に悪ふざけだとしたら、怒ろうと思ったのです。
またケガだとしたら、どんな状態なのかと。

しかし生まれた時から、と聞いて、なぜルナさんが私に
会わせたかったのか、彼の回答で氷解しました。

彼がこれまでにどんな境遇で過して来たのか、想像に余り
有るものを感じて、何を言って良いのか、暫し言葉が出て
来ません。

よしくん釣りが得意でね。フィッシュランドで会ったの」
「そうです^ ^」 「ふーん・・・」

でも何かあ・・・話題を探して・・・

よしさんは、宮城県のどの辺ですか」 「仙台です」
「なるなる。僕の実家も仙台ですよ」 と、ローカルな話を・・・

そして急に思い付いたのです。
「そうだ!大吉に一緒に行く話をしよう」

「ねえ、ルナさん一緒に僕の大吉に行ってみませんか」
「おおーー行きます!」

当然、よしくんも 「はい、ぜひ行きます」 と来ると思った
のですが、「すみません。ちょっとAFKです」 と・・・

よしくんは食事なんだよね」 「はい^ ^」
時計を見ると、17時過ぎでした。

「あららら~食事なのかあ~」 でしたねえ・・・

なので、彼に別れを告げ、ルナさんと大吉に向ったのです。

Daikichi090526_007私の部屋に到着したところです。
ホセさんやyorikaさん、yuriyさんは、勿論
来ていますが、他にはちずさんだけかも?


いやぁ、待てよぉ~・・・そうか、まささんもだねえ。
とにかくルナさんは、数少ない招待の一人ということです。

「落ち着けていいわあ~」 に 「うんうん ありがとう^ ^」

とまあ、私の部屋を起点にして、あっちこっち案内させて
貰いました。

その話は、また後日ということで。

結局、その日は、よしくん友達登録をし合って、また連絡
することにして終わったのですが、 今日、改めて彼とIM
少し話をしました。

明日は休みますので、続きは、来週にさせて貰います。

2009.5.28 記

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
  https://senior-sl.so-netsns.jp/

------------------------------------------------

                     
                           
                                  

 






                        
                        
                      


                
         
               
               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外で実現していたんですよ!!

先日、Densche伝助)さんと飲んだ時に、

ふぁぜろっていう人、知ってますかあ」 と言われたので、
「いやー知らないねえ。その人がどうしたの?」
「その人とポポラジで時々会うんですけど、チャットが全部
 ひらがななんです。その人のブログも、全部ひらがなで
 その下に英語で書いて有るんです」 「へえーー」

「関西弁なので、あっちの方に居る人みたいです」
「いやーーその人、日本人じゃないと思うよ」
「そうですかねえ・・・」
「だってさあ。ひらがななら分かるって言う人、この間カナダ
 からの人が居たよ。日本語で会話なら出来ても漢字は
 難しいよね。そういう人、他にも居るじゃない。
 ほらーーテレビに出て来る、山形弁の・・・」
「ああ~はい。確かにそうですねえ・・・」

「で、その人が囲碁をやってるんだそうですよ」
「えっ!まさかSLの話じゃないよね」
「いえ、それがSLの話なんです」 「ええーーそうなの!」

私は、その話を俄かには信じることが出来ませんでした。
「一体どうやって実現できたというのだろうか?」

彼から聞いた その「ふぁぜろ」さんなる人が書いているという
ブログを、翌朝、急いで見てみることにしました。

開いた途端、目の前に現れたのは、

0905271225
これなんですよねえ。

対局がほぼ終わった
画面ですね。

黒がふぁぜろさんで、
負けた論評をブログ
書いていたんです。

「おおーー!」












私の驚くまいことか、思わず椅子から転げそうになりました。
中途半端な作りでないことは、上の写真で一目瞭然ですよね。

そのふぁぜろさんのブログにコメントを入れたのは、勿論です。
「ぜひ、そのSIMLMを送って貰えませんか」 と。

翌朝、セカンドライフに入ると、ふぁぜろさんから、その対局
場所が有るLMランドマーク)が送られて来ていました。

それを 「持ち物」 に入れて、すぐさまテレポート

Vineland090526_001go_center 到着すると、Go Centerという看板が・・・
「おおーーここだ!」
「え~とぉ・・・」 とぐるりと周りを見回すと


Vineland090526_002 巨大な碁盤らしきものが見えました。
空に飛んで確かめてみると、やはり
碁盤です。まずそっちをみることに。


Vineland090526_006碁盤の下に階段が有りました。
なので、そこを昇ってみると・・・



Vineland090526_003「おおーーすごい!」
どうやらここは、名人戦や本因坊戦の時に
使われるような部屋のようです。


Vineland090526_004折角来たのだしと、碁盤の上座に座って
「えへん!」 と咳払い。
良いですねえ・・・なかなかじゃないですか。


巨大碁盤の中の部屋から出た私は、普通の対局場らしき
所に急ぎました。

Vineland090526_007この階段の左上が、その対局場のようです。
さほど大きな建物ではありません。
「とにかく行ってみよう」 と急ぐ。


Vineland090526_008入口付近にこのような看板が。
「そうか、イギリス囲碁協会なのかあ・・・」



Vineland090526_009「おおーー囲碁の錦絵かあ・・・はははは」
何となく日本ブームを感じますよねえ・・・



Vineland090526_012対局室はこんな具合でした。
真ん中に蓮池とは、ははははは
やるもんですねえ・・・待てよ、やり過ぎかも。


Vineland090526_016座って、碁盤をクリックすると、こんな盤の
上にこんな画面が表示されました。
どんな手合い(ハンデ)にするか、などを


予め、決めてから対局を始める、ということですよね。
「なるほどお~納得だなあ・・・」

ところが、その先が分からなかったのです。
多分、私一人だけなので、進めようがないのかも、と
思ったのですが・・・結局、分かりませんでした。

なので、その碁盤はやめて、別の何も石が置かれていない
所に座って、取りあえず、マウスで決めた場所をクリック
してみると、黒石が置かれたのです。

続けて、マウスで次の場所を決めてクリックすると、白石
置かれ、順番に進めて行けることが分かりました。

その結果が、次の写真です。

Vineland090527_001まあ、私が適当に置いてみた図ですから
内容は気にしないで下さい。はははは



とにかくリアルで対局するような雰囲気で、打つことが
出来たんです。
素晴らしいですよねえ・・・

一度打った石を取り除くにはどうすれば良いのか、とやって
みましたが、分かりませんでした。

この話は、相手の石を取れた場合に、すでに置いた相手の
石を盤上から取り除き、碁笥(石入れ) のフタに置く必要が
有るので、必須の要件なのです。

まあそういうことも当然、何らかの操作で可能にしていると
思うので、後でふぁぜろさんに聞こうと思います。

それにしても、これは素晴らしい実現の仕方です。

これならリアル世界で碁盤を挟んで対局するのと、ほとんど
変わりない臨場感でやれると感じました。

こうした面では、やはり海外の方が遥かに進んでいますねえ。

これで私が作りたくて仕方がなかった碁会所が、間違いなく
日本のSIMにも出来ますねえ・・・happy01

外国の人から教ってなんて、なんか変、なんて言いっこなし
にしましょうよ。

だから日本囲碁力韓国中国の後塵を拝してしまった
んですから。

ふぁぜろさん こんごとも おつきあい くださいね。
Go Center に ぜひ にゅうかい させてください。

よろしく おねがい しま~す。happy01

2009.5.27 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
  https://senior-sl.so-netsns.jp/

-------------------------------------------------








                  
                  
   
                     
                           
               





               
                      
                      


   
                   
                        
                                          
                        
                                        
                
               
   
                        
                  
                                           
               
                           
                         
         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザが変えるのでは・・・

新型インフルエンザの流行は、対岸の火事だろうなあ、と
思っていたら、かなり身近な話になってきました。

もしこれが毒性の強い鳥インフルエンザだったら、それこそ
大変な話になっているでしょう。

今回の新型シンフルエンザが、まだ沈静化したわけではない
ので、不謹慎な物言いは慎むべきでしょうが、これから来る
かも知れない、次の強烈なウィルスに対処する予行演習で
あって欲しいと願うばかりです。


ところで先日私は、こうしたウイルスの流行に備えて、
対面しないで済む会議面談教育の薦めとして、セカンド
ライフや 「OpenSIM」 などの3D仮想環境を使う方法は
どうでしょうか、と書きましたが、何と早速それを実現した
企業が出現しました。

㈱ポジカルという、セカンドライフ内で就活をテーマに展開
している企業です。SIM名も、Posicalポジカル)。

最近、新型インフルエンザ流行の影響で、会社説明会
中止されたりして学生の就職活動が困難になっているとの
こと。

そこで同社は、「ポジカル島」の施設を企業無料開放
新型インフルエンザが流行しても、学生 (企業側も可) が
自宅に居ながら会社説明会質問会を実施できるように
したという訳です。

各施設で、スライドボイスチャットテキストチャットを
使ってやることになります。

その参画企業がまた、なかなかなんですよ。

資生堂神戸製鋼所アルゼムエケイグループ大和
システムと云った会社ですからねえ。

Posical090525_004 昨日、そのPosical に行ってみました。
右の画面にNHKの文字が・・・
番組で取り上げられていたんですねえ。


Posical090525_005チャット説明会」 かあ・・・なるほどお~
このビデオで一通り見ると参考になりそう。



Posical090525_006 会場の入口方向を写しました。
何となく新卒者向けらしい雰囲気です。



Posical090525_007お祝いの花輪がすごい数でしたねえ。
向こうは住友ゴムグループかあ・・・



Posical090525_008ドアが二つ・・・面白そうなのは、左ですよねえ。
そっちに行ってみることにしました。



Posical090525_009「嫌なことは嫌とはっきり言えますか?」 か
うーん・・・カミさん以外はそうだなあ・・・bearing



Posical090525_010「世話好き・・・」 うーん・・・場合に寄るなあ。
嫌いという訳ではないし、さりとてやたら
好きという訳でも・・・でもまあ。


Posical090525_011この設問には、すぐ答えられます。
あははははは
誰が見ても、私をそう思うんでしょうね。


Posical090525_012そして答えた結果は、ご覧の通り。
ふーん・・・そうかあ。
素直に喜こぶべきや否や・・・weep


さあて、どうしようか、と眺めたら、向こうの方に 「事業紹介
という文字が見えたので、どんなものかと・・・

Posical090525_013来てみると、カジノパチンコ事業の話。
一体リアルでの話なのか、セカンドライフ内
での話なのか、それを確かめるまでの時間


はないし、また興味もなかったので、次の行動に移すことに。

隣接して 「SHUSHOKU」 というSIMが有り、そこに何人か
居るようなので、とにかく行ってみることにしました。

Posical090525_015近づいてみると、どうやらキャンプをやって
いるようです。
「へえーーカウンセリングを兼ねてかあ・・・」


と、座っている男性を見て、「ん? ガットさんでは?」

「こんにちは~」 「あれっ!さいさん、こんにちは」
ガットさん、こんな所に居たんですか。はははは」
さいさんも、どうしてここに?」
「隣りのPosical を見学してたんですよ」 「ふーん・・・」

ガットさんとは、toyosuキャンプで良く会っていたんです。
縁とは実に不思議なものですよね。

それはリアル世界もセカンドライフ世界も、同じように機能し
会えそうにはないと思っていた場所で、バッタリ会えるんです
よねえ・・・

それはそうと、インフルエンザの流行は、このポジカル
ではないですが、従来の習慣を大きく変えるキッカケに
なるのではないでしょうか。

私は、強くそう感じるのです。

2009.5.26 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
  https://senior-sl.so-netsns.jp/

--------------------------------------------------







                            
                   
            






               
                      

      
             





                  
                
            

 
               
                      
                                              
                                    

             
                      




                        
                              
                        





 
                                  
                            
                                    
                                       

| | コメント (0) | トラックバック (5)

リンデンラボ社のVoIPシステム開発の話

今朝、我が大吉SIMセミナー会場に行ってみると、

Daikichi090525_001_2 ホセさんが、3階にバーを作ってくれて
いました。
名作カサブランカのポスターが・・・happy01


Daikichi090525_002 ハンフリーボガードとイングリットバーグマン
ですよねえ・・・
若い人達には、分かんないでしょうなあ。


Daikichi090525_003 セミナーが終わって、三々五々引き上げ
残った人達が、ここに集い余韻を楽しみつゝ
しばし会話を交わす。良いですよねえ・・・


と、そこに、突然、くるみちゃんからIMが飛んで来ました。

さいさん、が出てるよぉ~来ませんかぁ~」
「おおっ! くるみちゃん、hibiyaに居るんだ!」 と、叫び
「今すぐ行くから」 「居たんだあ。後3分だよ」 「了解!」

と、すぐhibiyaに飛んで、「くるみちゃん、ありがとう!」 と
謝意を伝え、「」が出ているラッキーボードクリック

私は、他に行く処が有ったので、「じゃあまたねえ・・・」 と
移動したのですが、嬉しかったですねえ・・・
友達って、本当に良いものです。confident


さて、前段が長くなりました。

先日、リンデンラボ社が発表した、VoIPについて私見を
述べさせて貰います。

VoIPとは、「Vioce over Internet Protocol」 の略で、
インターネットプロトコル(IP) ネットワークを使用し、リアル
タイムに音声データを送受信する技術のこと。

スカイプ社内LANを用いた内線電話に活用されています。

リンデンラボ社が開発を進めているのは、セカンドライフ
ユーザーに対して電話番号に相当するコードを割り当て、
互いに通話できるようにしたり、セカンドライフに居る人
(インワールド) と、インワールドには居ない人とが、携帯電話
固定電話で通話を可能にしようというものです。

この利用には、月額か年額かの有料が検討されているとの
こと。

現時点では、近くに居る人と音声での会話は出来ますが
IMという電話的な二人だけの会話は、文字方式しか
有りません。
勿論、セカンドライフ外の人との会話は出来ません。

実は、1年余り前に、インワールドに居る人と外部の人が
携帯電話等で会話できるVoIPシステムを開発したという
日本のベンチャー企業の記事を見たことが有ります。

その話は、その後まるで話題に上らなくなったので、ほとんど
忘れていました。

結局、こういうテーマは、セカンドライフというだけで
なく、IMの音声化という、ということまで踏み込んだ形で
考えないと、使われないものになってしまうということでしょう。

そうなると、こうしたセカンドライフのインフラに関わるテーマは
システム提供者のリンデンラボ社がやるしかないのです。

私に言わせれば、ちょっと遅きに失してるよなあ・・・ですね。

この1年11ヶ月の間、ずっとセカンドライフで過して思うことは、
このような3D仮想空間が、最も特徴的なことは、

一つは、物を実物かそれ以上のイメージに見せること。
二つは、伝えたいイメージを参加者全員に明示化できること。
三つは、これらを一体化したコミュニケーション機能であること。

だと思うのです。

実物以上って、 なんだ? と思われるかも知れませんが、
すごく上手い 「物まね芸」 を想像してみてください。

例えば、島倉千代子美川憲一を真似る時のちょっとした
癖をオーバーにやるでしょ。
すると、ものすごく似てる、って。あれですよ!ははははは

人と人のコミュニケーションも、互いに精巧に出来ている
からこそ、すごい臨場感を感じる。そうでしょ!

相手の姿が、あまりにもダサくてお粗末だと、私なんか
その人と会話する自体、嫌気が差すことが有ります。

そういう意味では、相手がロボットだったりすると、
正直、気分が大いに削がれます。

まずほとんど話しかけませんし、話しかけられても
すぐやめます。歳だからでしょうかねえ・・・happy02

遊びの場なら、それは勿論、少しも気になりませんが、
会議なんかだと、文句の一つも言ってしまうでしょう。

話がそれてしまいました。ごめんなさい。
とにかくリンデンラボVoIPシステムの完成が待たれます。

セカンドライフが持つ、コミュニケーション機能という極めて
重要な要素を満たすインフラだからです。

企業団体が、会議や教育や面談などにセカンドライフ
を用いる動きが、かなり出て来るのではないですか。

楽しみですねえ・・・

2009.5.25 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
 https://senior-sl.so-netsns.jp/

------------------------------------------------

 





































| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほほーー増えてるんだ!

昨日は朝一番で、吉祥寺会計事務所を訪問し、打合わせ
してから、神田小川町事務所に戻りました。

いつものようにセカンドライフに入り、セミナー会場を見に
行ってみると、

Daikichi090520_002新たに、演壇が出来ていて演台も。
「うんうん、らしくなって来たなあ・・・」
                        


Daikichi090521_001演壇に立つとどんな感じになるだろうかと、
やってみました。
「ここに多くの人達が来るようなしたいなあ」


と、暫しそう思いながら、見回しましたねえ・・・

それから先日まささんが教えてくれた、Daikin Resort迷路
キャンプに挑戦したのですが・・・また失敗。「うーん・・・」

諦めて、いつものhibiyaラッキーボード&チャットキャンプ
に落ち着かせることに。間もなくお昼の時間でした。

行って見ると、頭文字が 「S」 は、私を含めて3人。
「そうかあ・・・」 と呟き、一旦、500m上空の焚き火キャンプ
させることに。

私の「ちょっと移動します」 に、みんな一斉に 「いってら~」
「いってらっしゃい」 「またねえ~」

ところが、行った時間が遅かったためか、焚き火キャンプ
満員でした。

「あららら、ダメかあ・・・」
そうなると、海辺のTakachin's Bar に行くというという手は
有るものゝ、そこもダメなような気がして、もう一度
hibiyaに戻ることにしました。

戻って、「ただいま~」 に、またみんなが一斉に 「おかえり」
「おかえりなさい」 と歓迎してくれるんです。

チャットキャンプ併設なので、なるべく発することが収入に
繋がります。そこでみんな発言の機会が有ったら、とにかく
我れ先に声を発するんですよねえ・・・ははははは

ですから、それはもう賑やか。
誰かの頭文字が一致し、L$が得られると、みんなで
「おめでとう^ ^」 「おめめ~」 「おめでとうございます」 と、
大変な盛り上がりです。

しかも例えば、「J」 という文字が表示された時、その場に
該当者がいないと、誰かがジュピターさんにIMを出して
呼び出す。それに応じてやって来ると、また一斉に
「おかえり~」 「おかえんなさい」と。

とにかくみんな気の良い人達ばかりで、実に微笑ましい
光景が繰り広げられるんですよねえ・・・happy01


ところで、たまたまそうなったのですが、今週は月曜日から
昨夜まで、4日連続で飲みました。

なので今日は、かなり疲れています。
一昨日の夜は、セカンドライフではDensche (伝助) さんで
活躍中の彼と、久し振りにリアル渋谷で飲みました。

多分その時に出た話だったように思うのですが・・・
うんうん、きっとそうなんですよ。
ふー・・・記憶喪失気味~・・・

彼が唐突に、「せつなさんがはしゃいで居たんですよ」
せつなさんって、hibiyaを作った人だよ!」 の私の声に
「あのお!メルティングドッツにぃ~一日100人も登録が
 有ったんだそうです!」
「へえーそうなの!」

せつなさんて、なかなかの物づくり屋さんで、あっちこっち
  から引く手あまただと聞いてるよ」
メルティングドッツって、朝枝さんの会社だよね」 の

私の言葉は、周りの騒音に、虚しくかき消されました。

でも彼が騒音に対抗し、大きな声を出してでも、どうしても
私に伝えたかった胸の内は、いたく理解できましたねえ・・・

セカンドライフに日本人登録者が増えたとか、増えている
という話は、実に久々です。


せつなさんがはしゃぎ、伝助さんが大いに喜んだのは、
当然ですよ。
私も当然ながら、happy01 happy01 happy01 good でしたねえ。

それにしても、一日100人とは、すごくないですか!?

2009.5.22 記

続きは、来週・・・

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
   https://senior-sl.so-netsns.jp/

-------------------------------------------------

Petruchio090520_005 <Petruchio にて>
真夜中の焚き火キャンプ。
寒む・・・



Poppo090508_002
<ちずちゃんの家で>
彼女を訪問したら居ませんでした。
「入って良いわよ」と言われていたので
ベッドで一眠りさせて貰いました。bleah


Daikichi090519_010
<Daikichi SIM にて>
ホセさんがリラックスする場所は、大吉の
公共広場の岩だそうです。真夜中モードで。
こうして滝の音や虫の音を聞くと休まりますねえ。




                           
















       
                                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たなキャンプ・・・

hibiya(日比谷) のラッキーボード&キャンプは、かなり効率
の良いキャンプなので、常駐しようと思ったのですが、実は
少し悩ましい問題が有ったのです。

ラッキーボードというのは、

Hibiya090514_002 この画面の右側に並んでいる、上にL$
表示された(ボード) のことです。
この時は、たった二人・・・これなら happy01


L$の下の数字は貰える金額で、その下の英字が参加者の
分身の名前の頭文字と合致した時、そのボードクリック
すると貰える、というわけ。

さらにその下の数字は、次の文字に変る時間を分単位で
表示しています。

上の写真の右端のボードだと、名前の頭文字 「」の人が
居れば、3L$貰えるのですが、居なければ、次の頭文字に
変るまで、残り1分ですよ、ということになります。

私の場合は、「」 が出てくれれば良いわけです。

ところが、頭文字に「S」 が私一人だけなら、何ら問題は
有りませんが、これがほとんど複数で、それも3人などと
いうことが多いんですよねえ・・・

そのキャンプに新参者の私としては、どうしても遠慮がちに
ならざるを得ません。

Hibiya090513_012上の写真みたいに二人だけなら
まずかち合いませんが、左の写真みたい
になると、必ずかち合います。


そんな時は、どこか別のキャンプ地に行き、暫くしたら、
また戻るという方法が、どうも良さそうなんです。
すると、他の頭文字 「」さんが減ってたりするので・・・

さて、そうなると、どこか適切なキャンプはないだろうか。

そんな思いで、持ち物Landmark欄を開けて、アドレス
眺めていたら、先日あほやん君から貰ったLM (Landmark
アドレス) が目に止まりました。

「そうだ!もう一回行ってみよ!」

前回行った時には、エリアキャンプリミットに達していて
無駄足を踏んだのですが、今回はどうかなあ・・・と。

Petruchio090520_005 到着したら、みんな焚き火やってました。
この暑い中、ご苦労さんなこってす。



急にエリアキャンプがなくなり、焚き火キャンプに変貌して
いたんですねえ。それもエリアキャンプの変形なのかも、
と勘違いし、ボードを探したのですが・・・

「ん? どうやるの?」 ・・・

あほやん君が左でやっていたので、彼に話し掛けた
のですが、返答なし。
止むなくドーナツみたいなマットで、少し待つことに・・・

Petruchio090520_006_2さいさん、ボールクリックしてSitだよ」
「ああ~そうか。だよねえ・・・」



この形式のキャンプは、一昔前のものなんです。
1年半ほど前だと、海外に行くと良く有りましたからね。

あほやん君が、熱々の「讃岐うどん」を食べていました。
ここは500m上空に作られた処なので、風も強そうだし
結構、寒いのでしょう。

なので、私も 「讃岐うどん」 をお相伴させて貰いましたねえ。
実は、目の前の女性は、まささんなんです。

彼女も間もなく、我々が居るのに気がつき、
「あらっ!讃岐うどん食べてるの。じゃあ私も」 と3人で。

良く見ると、隣りの焚き火にゆめかさんも居ましたねえ。lovely

「なあんだ。旧toyosuメンバーじゃない。ははははは」
「そうだねえ・・・^ ^」

こうして友達同士が集えるのも、仲間意識のなせる技です。

結局、セカンドライフって、コミュニケーションを促し、育む
そういう場なんだと、つくづく思いますねえ・・・


2009.5.21 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニア向けSNS
  https://senior-sl.so-netsns.jp/

                        




                           
                            











                  
                        

                               
                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホセさんとスカイプで話す

大吉で目覚めた私は、この処、習慣になりつゝある行動に、
昨日の朝も自然に向かいました。

それは、ホセさんが構築中のセミナー会場の出来具合を
見に行くことなんです。

Daikichi090519_001f_2着いてみると、また少し変っていました。
広々と、そして格調高い造りに、「おおー!」
感激しながら、3階に下りて暫し休息。


「少しこのまゝ置いておこう」 と、分身をそのまゝ長椅子
座らせ、ほかの仕事をすることにしました。

すぐにキャンプに行くのも悪くはないのですが、こんな風に
分身をリラックスさせて、たまにその様子を見るというもの
結構良いものなんですよねえ・・・

不思議と云えば不思議な話ですが。

そして仕事の合い間に、ひょいと見ると、

Daikichi090519_0043「あれっ!ホセさんだ。いつの間に・・・」
私がほかのことをしている間に、彼が
隣りに座っていたんですねえ。


「おはようございます」 と挨拶すると、少しして 「どうも」 と。
「ちょっと、ここでのんびりさせてます」 「ははは、ですか」

それから会話を交わしたのですが、神田小川町に越して
から、ホセさんに限らず、全てキー入力での会話でした。

しかしこれだと、かなり面倒な上に、打ち間違えると、その
手直しは、さらに大変。

なので意を決して 「ホセさん、やっぱりスカイプにしましょう。
  準備しますから、ちょっと待って下さい」 「良いんですか」
「ええ、今なら・・・」

前の事務所は、私一人みたいなものだったので、音声での
会話は少しも問題はなかったのです。

ところが今度は、若い社員との同居です。
IT系の会社ですから、みんな仕事振りは実に静か。
そこに私が水を差し、彼らの集中心を途切れさせる事態
だけは避けるべきです。

昨日の朝は、たまたま周りの社員が一人しか居なくて、
その彼も、邪魔になる仕事はしていませんでした。

急いでセカンドライフ用のPCの裏側からヘッドセットを外し
事務用に使っているPCの方に移動させる。

それが終了した途端、スイカプを通したホセさんからの
コールがやって来ました。

「こんにちは~」 「どうもです」
やはり音声会話は、良いですよねえ・・・
まるで会話の情報量が違います。

このセミナー会場の動画や資料を写す画面の話に及ぶと
さいさん、それはちょっと問題なんだよ」 「そうでしたね」

彼が問題だと言っているのは、その画面の設置はオーナー
にしか許されない行為なのだということなのです。

すると、この大吉SIMオーナーに登場して貰い、適切に
設置する、ということをやって貰わなければなりません。

「なるほどねえ。まあその件は、後で考えることしましょう」
と、彼に納得して貰い、

「ところでホセさん、いずれこっちも何とかして頂くことに
 なるんですが・・・」 と、隣りの区画に移動しました。

Daikichi090519_005_2 「ここですが・・・」 「「なるほど」
「まあこの区画の社長と相談しますが、
 いずれは何か造らないと・・・なんです」


「了解。さいさんの方で、どんなイメージにして欲しいか、
 それを言って貰えれば、造りますから」
「はい。宜しくお願いします」

「ところで、さいさん、サンドボックスに・・・」
「ああ~はい」 と、大吉サンドボックスに急ぐ。

Daikichi090519_007 「これですがね。勉強中のShadeシェード)
で作ったんです」 「おおーーそれはそれは」
それぞれが、みんな波打っているんです。


写真では、動きを伝えることは出来ませんから、こんな
「何がどうしたの?」 みたいな話になってしまいます。

さいさん、シェード10を使ってるんです」
「そうなんですか。なるほどねえ」

とは答えたものの、正直、私にはバージョンの違いで、何が
どう違うのか、勿論、全く分かりません。

とにかくシェードの最新バージョンを学んでいる、ということ
だけは理解できましたが・・・あはははは 

Daikichi090519_008他にも、ホセさんが実験的に制作して
おられた作品が多数ありました。



ホセさんには、本当に感心させられますねえ」
「ははは」
「どんどん進化しておられますよねえ。それが素晴らしい!」
「まあ、最初の頃よりは進歩してますがね」
「ええ、それはすごく分かりますよ」

「では、そろそろ」 と、ホセさんとの久し振りの生の声での
対談を終えたのでした。

2009.5.20 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニア向けSNS
  https://senior-sl.so-netsns.jp/

-------------------------------------------------


                                       
                                     




                              
                               

                              
                           



 
                              
                                  









                        
                           

| | コメント (0) | トラックバック (6)

おもしろ体験

昨日、hibiya(日比谷) のラッキーボード&チャットキャンプ
をやっていたら、先日、あほやん君が教えてくれたキャンプ
思い出しました。

さいさん、2/10のキャンプを見つけたよ。今度行ってみてよ」
と言ってくれたのです。

2/10とは、セカンドライフをやっている人なら、誰でも分かる
ことですが、10分間で2L$貰えるキャンプという意味です。

普通なら1/10程度ですから、2/10は結構効率の良い話です。
なので、とにかく行ってみるべきだ、と。

みんなに別れを告げて、早速、行ってみました。

Petruchio090518_004 ここがそのエリアキャンプ地です。
上空501mの所に作ってあります。
しかしキャンプOFFになっていました。


「そうか。OFFなのかあ・・・次の開始は何時かなあ」 と、
思っているところに、男がやって来て、暫し彼と会話。

Potruchio090518_002と、そこに友達のまささんが登場。
「おおっ!まささん、起きたんだね」
「はい、そうです」


まささんは、丸いドーナツみたいな椅子に座っていたのですが
リアルの彼女は留守だったのです。

結局、次のキャンプ開始は、どうやら、かなり後みたいで
彼は行ってしまいました。

Petruchio090518_003二人だけになった私達は、少し四方山話を
することに。
そして少し話をしていると、彼女が突然、


さいさん、迷路キャンプやったこと有る?」
「いやーーないなあ」
「じゃあ、一緒に行きませんか」 「おおーーそれはぜひ!」
「は~い」 「着いたら呼んでください」

Daikin090518_011先に行ったまささんが、呼んでくれて到着。
「ふーん・・・ここですか」 「はい」
迷路って?」 「いさんの後ろですよ」


Daikin_resort090518_006振り返ると、大きくStartと書かれたマットが
有って、透明なパイプが・・・
「おおーーこれかあ」 「さいさん、やってみて」


「うん」 と応えて、近くの地表に置かれたGoalマットを目指し
軽い気持ちで、パイプの中を飛んで進んだのですが・・・

Daikin090518_008 これがすごく難しかったんですよねえ。
そして無念にもギブアップ・・・
Gaolまで行けると20L$貰えるんですがねえ。


「じゃあ、私の後を付いて来ますか」 「おおーそれは良いね」
さいさんて、良いよ」 「なんで?」 「諦めないもの」
「あはははは、そういうことかあ。だって面白いよね。これ」

Daikin090518_009まささんがスタートした瞬間をパチリ!
実に颯爽としてますよねえ・・・lovely



Daikin090518_010まささんの後ろを懸命に付いて飛んだ
のですが、何度も見失ってしまい、
その都度、戻ってくれるまささん。


そして、目出度くGoalに辿り着き、20L$貰いましたねえ・・・

「もうすっかり分かったから、毎朝来てるんです」
「なるほどねえ」と、いたく納得。 

そらんじている人に取って、スラスラ通り抜けて20L$は、
すごく効率の良いキャンプですものね。

但し、同じ人は一日一回だけなんです。
そりゃそうですよね。はははははは

Daikin090518_012さいさん、あっちの看板
「えっ!看板?」



少し近づいて見ると、女性の写真が出ていました。
それが何か変ったことでも有るのかなあ、と???

Daikin090518_013さらに近づくと、「おおっ!!」
何と我が家でくつろいでいる我が分身
表示されているではありませんか。


「へえー面白いなあ」 「近くの人のプロフを写してるんですよ」
「なるほどお~」

プロフとは、分身プロフィルのことを言い、そこに通常は、
自分の写真を掲載して置くものなんです。
それがこの看板に表示されるという訳です。

それにしても、色んなことをやってくれるものですねえ・・・

初めてのまささんとの楽しかったデートも、そろそろ・・・と
思っていると、

「こんなに長く話したの久し振りです」
「だよねえ。まささんは、いつも忙しいものねえ」
「ええ~こういうの珍しい」 「ホント、そうだね」
「じゃあ、また会いましょうか」 「は~い^ ^」

本当に楽しいひと時でした。まささん、ありがとう!
またこういう機会をお願いしますね。

Daikichi090512_008我が家に戻った私は、Yorikaさんが
作ってくれた長椅子でリラックス。
「楽しかったなあ・・・」


2009.5.18 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニア向けSNS
  https://senior-sl.so-netsns.jp/

----------------------------------------------

      
          






                      
                           
                           

       
                      

                                  
                  
                                    
                  

 



                         
                      
                           
                     




                              
                           
                                                                     
                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Metal Otaku(大田区PJ)」の再構築

今朝、一番にBinneed SIM を目指しました。
MetalOtaku」(大田区) が移転し、再構築されている筈です。

ところが 「あれっ! これなの?・・・」 でしたねえ。

Binneed090518_001metalotaku あまりにも前のイメージと違っていました。
正直、すごくちゃっちいのです。
「まさか、これが完成じゃないよなあ・・・」


Binneed090518_003 ロボットを下から見上げましたが、やはり
前のロボットとはほど遠い完成度です。



Binneed090518_004metalotaku 近くのSIMを見ると、実に長閑な雰囲気。
それは最高なんだけど・・・www



これで基本構造が終わりだとしたら、あまりにも寂しい。
そう思った私は、製作を担当しているMさんにメールしないで
居られませんでした。


とにかく、これでは見るべき物は何もないので、我が
戻ることにしました。

ホセさんが制作中のセミナー会の出来具合が気になって
いたからです。

Daikichi090518_003f また完成度が上がっていました。
2階席と3階席を作ってくれたんですねえ。
シンプルで格調高いイメージ。goodhappy01


Daikichi090518_005 2階席から左側を眺めてみました。
古代ローマ会議場を思い出させる
紋様は、とても良いですねえ・・・


さすが、ホセさんです。
完成が徐々に進むにつれて、その良さがどんどん伝わって
来ます。

すごくゆったり感が有って、素晴らしいじゃありませんか。
セミナー講演会のための会場ですから、余裕の有る
イメージにしないと、聞いている方は疲れてしまいますよね。

ところで、「MetalOtaku」 の制作担当のMさんに送ったメール
の返信が届きました。

さいさん、あれはまだまだ未完なのです。なるべく間を空け
 たくなかったので、とにかくと、出したんです」

なるほど、そういうことならと納得。

「どんどん良くして行きますから、期待していて下さい」

に、ホッとしましたねえ・・・

そう考えると、最初からいい加減に完成度が高い割に、
どうもつまらない、というよりは、良いことなのかも知れない
と、前向きに思ったのでした。

2009.5.18 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
   https://senior-sl.so-netsns.jp/





 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画映像と大田区 「MetalOtaku」

昨日の朝、セカンドライフに入り、Daikichi大吉) で目覚めた
我が分身を、hibiyaキャンプテレポートして、みんなと
挨拶を交わし、少し落ち着いたところに、ホセさんからIM
やって来ました。

「こんにちは」
おおっホセさんだ! と、すぐに 「おおーこんにちは~」
さいさん、今時間有りますか」 「ああ~はい」
「昨日話した動画の件だけど、ちょっと見に来ませんか」
「了解です。呼んでください」 「OK」

Loxich090514_004 ホセさんは、動画画面を用意して
くれていました。
私の「もっと大きく出来ませんか」 に
応えてくれて、デカいのを出しましたねえ。

「これがモヴェという動画を写すものです。大吉
 見えますよね」 「えっ!何も見えませんが・・・」
「見えませんか? 右下の映写機の右のクリックですよ」
「ええーーやってますが、スタートしませんねえ」
さいさん、QuickTime入ってるよね」 「ちょっと待って下さい」

急いで画面を切り替えて見ると、入っていません。

「ないですね。すぐインストールします」 「はい」
「では、終わったらまた連絡させて貰いますから」 「OK」

何しろ急いでいたせいかも有って、またドジをやったのです。

確かにアップルサイトに行ってダウンロードボタンを押し、
取り込んだのですが、その先をちゃんとやっていないまゝ
また、ホセさんの元に行ったので、うまく行きません。

ホセさんも忙しそうで、「ではまた」 と・・・

結局、ちゃんとQuickTimeダウンロードし、再起動を掛けて
戻ると、

Loxich090514_002 ほらっ!スタート画面が出ました。
そして見事に素敵な音楽をバックに、
大吉の公共施設の満開のが・・・


「おおーー素晴らしいなあ・・・」 と、暫し見とれる私でした。

Loxich090514_005金剛殿の中にビデオカメラが入って
大会議室の天井画も写しています。
「いいねえ・・・これ」 と呟く。


Loxich090514_006 金剛殿から外の景色を写しています。
何しろ動画ですから、こうした写真では
迫力がまるで違います。


ホセさんは、夜に設定した映像仕立てにしているのですが
昼にしても、なかなかな雰囲気なんですよ。

Loxich090514_001 これが終了画面です。
全編ノスタルジックな音楽が流れ、最後に
映像場所や制作者の名前などが・・・


この映像を何回も繰り返し見ながら、じっと考えましたねえ。

「なるほど、こんな見事な作品が簡単に出来るのかあ・・・」
「やっぱり世界が変るのは当然だなあ・・・」

いずれセミナー教育のやり方は、こうした形のものに変る
に違いないと確信したのです。

このリアル感からみて、教育効果は間違いなく大きなものに
なるでしょう。

Web上から動画が見れるユーチューブは、すでに有名ですが
アバターが一ヶ所に集まっての講義は、さらに盛り上がります。

ますます面白くなりますねえ・・・
ホセさん、色々ありがとうございます。深謝深謝です。


ところで、大田区の「MetalOtaku」 は、次のステージに移ろう
としています。

このプロジェクトを継続していくためのサポート組織として
LLP(有限責任事業組合) を立ち上げているのですが、
そこに移管して、更なる発展を期そうとしています。

私もそのLLP個人会員として参加させて貰います。

これを契機に、メインランドの別の場所に全てを移しました。
その場所は、BinneedというSIMです。

なんと明日16日が、その移設オープンの日なのです。

090514






       






*
上の写真のの所です。

緑の点は、現在居る人を表わしています。
かなり人数が居ることが分かりますよね。happy01


090514binneed_001 右に見える所が、「MetalOtaku」 が
出来る、Binneed SIM です。
隣りの物見台に乗って写しました。


ここが明日、まるで変貌するんです。
楽しみですねえ・・・

そうそう、明日のオープンに、この「MetalOtaku」 で
紅胡蝶のライブが行われることになっています。

ぜひ皆さん、行ってみて下さ~い。
宜しくお願いしま~す。confident

2009.5.15 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
   https://senior-sl.so-netsns.jp/

----------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (3)

とにかく色々・・・

hibiya日比谷)のラッキーボードチャットキャンプ
逗留することを決めて、3日過ぎました。

Hibiya090513_008_2 朝は、こんな風に多くの人がやってきます。
昨日は、toyosuで一時楽しく会話していた
くるみさんが登場して懐かしかったねえ。


彼女が突然、「あっ雨!洗濯物ぉ~!」 と言うものだから
思わず爆笑してしまいました。
少しして 「良かった。中に入れてた」 だって。

「えっ!じゃあ千葉なの?」 「関東・・・」
都内は降ってないよ」 「当たり~ん!」
「ははは、やっぱり千葉だよねえ・・・」 「^ ^」

彼女が関東であることは、前から知ってたんです。
昨日は、雨が降ったとすると。東京より南のはず。

それで当ったというわけですね。

午後になって、誰かが 「ラグがひどいね」 と発言。
「そうだね」 「結構、重いね」 「チャットが遅れて出る」 とか
始まったんです。

そこに、キャンプスタッフである、Mizukiさんという女性が
登場し、「ラグメーターは?」 と。

私には、一体なんのことか、良くわかりません。
ラグねえ・・・」 どうやらSIMに掛かっている負荷の話である
ことは分かるのですが、それで?・・・という感じなんです。

そしたら、「じゃあセツナさんを呼んで調べて貰いますから」 と
Mizukiさん。

すぐにセツナさんという人が登場して、「皆さんのラグメーター
になってますか」 と。

「えっ!?」 と、私が声を出して呟いたのは当然です。
何をどうすれば、それを見れるのか・・・

「すみません。ラグメーターってどうやったら見れるんですか」
と、慌てゝ質問しましたねえ・・・

私にしたら、どうしてみんな分かっているのか、その方が
不思議に思えたのですが、それはすぐ氷解しました。

ヘルプラグメーターです」
「ああ~そういうことですか」 と、すぐにその操作を・・・
(普通の用語には、かなり慣れたんですよねえ)

「あっ上がです」 「になるようにして下さい」 「ああ~はい」

3つ有る項目の一番上がになっていて、後の2つはでした。
になっている所は、見える画質の設定の話なんですね。

私はそれを最高品質に設定していたので、重さに大きく影響を
与えていたというわけなのです。
なので、急いで少し画質を落とした設定に替えると、に。

「とにかくSIM再起動しますから」 と言うセツナさんの声に、
「一旦、このSIMから引き上げるべきですね」 「ですね」
「じゃあまたあ」 と、言い合って、私は大吉の我が家に・・・

そして間もなく、「回復しました」 というメッセージが到着。
また急いでhibiyaキャンプに戻ったのでした。

「軽くなったねえ・・・」 「だねえ・・・」 と、ひとしきり。

また一つ勉強になりました。
ここでは、そのSIM再起動を時々やっていたんですね。
それでみんなラグメーターチェックに慣れていたんですよ。
ははははは


ところで、キャンプに戻って少ししたら、オーストラリア
パース在住のルナさんからIMが来ました。

「こんにちは~」 丁度気が付いた私も 「おおーこんにちは」
さいさん、あの話すごく良かったです」 「え~と、なに?」
「ほら印刷の・・・私、大笑いしてしまいました」 「・・・」

何しろすぐに忘れるのが特技みたいな私ですから、彼女が
何を言っているのか、思い出すのに2、3分掛かりました。

「ああ~あの印刷用紙ブログね」 「そう。それとアンテナ・・・」
「あははははは、読んでくれていたんだね。ありがとう^ ^」

でも本当に嬉しかったですよ。
そういう人が居てくれるから、やっぱり頑張ろう、という気に
なれますよねえ・・・


昨日の朝、いつもの大吉で目覚め、ホセさんが造ってくれている
eラーニング会社の区画に行ってみると、

Daikichi090513_001daikichi 丁度、ホセさんが造っている最中でした。
なかなかな雰囲気のものになっていました。



Daikichi090513_004 少し中断して貰って、2階に置かれた
長椅子に二人で座って、正面を。
すごく重厚な雰囲気ですよねえ・・・


Daikichi090513_005 反対側から写したイメージです。
古代エジプト風の壁画が・・・
思わず 「素晴らしい!」 と叫けびました。


まだ全部が完成していないとのこと。
「教材を表示する画面はどこですか?」 に 「どこでも」 と。

ド素人の私には、それが気になっていました。あははは

つまりその位置や大きさ、そして折角なので、ただ白い垂れ幕
じゃなくて、重みの有る形にして欲しいとか・・・

2009.5.14 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
 https://senior-sl.so-netsns.jp/

                        










| | コメント (0) | トラックバック (1)

落ち着いた先・・・

さいさん、が出てますよぉ~」 のIMを貰った私は、
「うーん・・・なんだろう」 と、暫し考えましたねえ。

そして思い当たったのは、ラッキーボードと言われる、名前
の頭文字が看板に表示されると、L$景品が貰える、
それかも知れないと。

私の頭文字のが出ているので、Rockさんという人が私に
知らせてくれたのかも・・・

結論は、それで大正解だったのです。

しかしまだ会ったことのないRockさんが、なんでまた、私に
知らせてくれて、しかも呼んでくれている、それが不思議?

なので、とにかくご要望にお応えして、テレポート依頼OK
クリックしたのです。

着いた所は、Hibiya (日比谷) でした。
toyosuの隣りなんです。

日比谷かあ・・・しかしここにキャンプ、有ったっけ?」

過去、何度か日比谷には来ていて、キャンプを探したとは
思いますが、なかったような・・・

テレポートしても着いたばかりの時は、周りの景色が
良く見えないものなんです。

で、少し待ってから、良く見ると、目の前にラッキーボード
有りましたぁ・・・happy01

しかし・・・そこに居る人達の上に表示されている文字を見ると
みんな同じ 「Feliz Tempo VIP」 なんですよねえ。

「こんにちは~Rockさん、呼んでくれてありがとうございます。
 でもここはメンバー制ですよねえ・・・」
「えっ!でも、メンバーの人に送ってるから、さいさんも
 メンバーじゃないの?」
「なるほどお、すると・・・そういうことですかぁ~・・・」

いつの間にか、メンバーに加わっていたんですねえ。
いつどんな話で、そうなっていたのか、いくら思い出そうと
しても、全く思い出せません。

少なくとも、1年より前の話か、toyosuが事故でキャンプ不能
の間に、たまたま通り掛かって入ったのかも知れません。

「まあそれよりも・・・」 と、グループ欄を上から調べることに。
該当しそうな名前を 「アクティブ」 にしたのですが、一つ目は
ダメ。「そうなると・・・これしか無さそうだなあ」 とクリックして
アクティブ」 に。

「おおーーこれだ!良かったあ~Rockさん、ありがとう!」

Hibiya090508_001_2 早速、ボードの文字が出ている所を
クリックして表示されたL$を貰いました。
それから椅子に座って、次を・・・


ここは、ラッキーボードチャットキャンプでした。
私の好みと、どうやらパッチリらしいんですねえ・・・

Hibiya090508_005 色んな人達が、次から次へと入れ替わり
立ち代り、やって来ては、居なくなります。
こんな風にもで駆けつける人まで・・・


「うーん・・・ここは面白い!」 でしたねえ・・・

以前、toyosuに来ていた人達も登場したりして、その度に
「久し振りだねえ~」 「ですねえ」

取れた人に対して 「おめでとう」 「あめでとさん」 「おめめ~」
「ありがとう」 「どうもお」 「ありりん~」 と、チャットが飛び交う。

すると、またそのチャット3L$とか5L$とか貰えたりする。
そこで、またまた 「おめでとう」 「おめめめ」 の祝福。

実に賑やかで、勢い四方山話も飛び出す、という次第。

昨日は、独り女性が踊り始めたので、「踊ってるのかあ」 と
やったら、「さいさんも踊れるよ。上のボール」 に、

Hibiya090511_002 上の丸いボールタッチすると、
私も見事なダンス披露することに。happy01
夕暮れ迫る中、3人で踊の興じました。


Hibiya090511_005 どうです。
ぴったり息の合ったダンスでしょ!
リアルと全く違うのがたまりません。good


ここのキャンプなら、落ち着けそうだと直感しました。

メール事務処理などをやりながら、時々彼らの会話に
加わり、ラッキーボードが出るのを待てば良いのです。

仮にそれを見逃しても、誰かが 「さいさん、ですよ」 と
知らせてくれるんですよねえ。

みんな心優しい人達ばかり。
私にわざわざIMしてくれたRockさんみたいに、表示された
文字に該当するメンバーIMして上げてるようなんです。

その結果、私が初めて会う人が何人も登場しました。
多くの人が行き交う場というのは、人間観察という意味でも
実に貴重な場所なんです。

という訳で、ここを逗留の拠点にすることに決めたのです。

すると早速、思わぬ勉強の機会が訪れましたねえ・・・

2009.5.13 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニアの方々向けSNS
  https://senior-sl.so-netsns.jp/










 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

気に入るキャンプって、それぞれ・・・

気に入って落ち着けるキャンプ地って、人それぞれなんだ
なあ、と、長いこと見て来てつくづく感じます。

それって、その人の性格に起因することが多いのは、
当然なんですが、実はそればかりではないんです。

セカンドライフに入ったら、キャンプで稼ぐことを一番の目的
にする人は、ビンゴジンゴと云ったレートが高い所を巡る
でしょうね。

しかし私もそうだけど、セカンドライフを立ち上げて、傍らで
仕事をしようという人が、結構多いんですよねえ・・・

そういう人に取って、最も都合の良いキャンプは、時間制限
無しで、ただ留まっていれば良いタイプのキャンプでしょう。

例えば、エリアキャンプとか椅子マットダンスと云った
類のキャンプです。
しかしこの手のタイプのキャンプは、かなり減りました。

減った理由は、何となく理解できます。

最も大きな要因は、それで人を集めることが出来ても、
活気が出ているように、私には思えないからです。

しかも私は分身を一つしか持っていませんが、他の人達は
ほとんどサブアカと称する別の分身を、2つも3つも持って
いたりして、それらも動員して稼ぐ。

それじゃあ、キャンプを提供しているオーナーにしたら、
ただ消耗させられているだけでしょう。

私もそうやって放置するタイプのキャンプだと、たしかに
楽で良いですが、時々すごくつまらないと思う時が有ります。

それは時間の有る時なんですが、折角、人が居るというのに
黙して語らずなんてねえ・・・

なのでチャットキャンプというのは、悪く有りません。

しかしそれだけだと、これもまた問題なことは、賢明な皆さん
にはすぐに分かって頂けると思います。

チャットキャンプって、誰かとしゃべり続けるんです。
これって実に大変なことですよねえ。

なので、チャットと別のキャンプを組み合わせたタイプ。
例えば、チャット+エリアとか、チャット+ダンスみたいな。

それなら何か他の事をやっていても、少しは稼げるし
時間が空いた時に、チャットに参加すれば、人と交流でき
しかも加算されるので、すごく得した気分に浸れるんです。
toyosuは、まさにそれだったのです。

toyosuがなくなって放浪している時に、その時の仲間が、
さいさ~ん、こっちのキャンプ行けるぞぉ~」 って、
色々助けてくれたのには、本当に感激でしたねえ。

その仲間の一人が、或るSIMに連れて行ってくれて、そこの
グループに入れて貰ったので、早速、ダンスキャンプを少し
長い時間やったら、「ダメだよ。みんなと話さないと」 と
注意されたんです。

それって私の初の体験。まさか叱られるなんて・・・
と、大変な驚きでしたねえ。

しかし考えてみると、如何にみんなで交流を図り、結束を
強くできるかがSIMの運命を左右する鍵かも知れません。

「それも一理有るなあ・・・」 と納得でしたねえ。

ところが・・・
そこのは、チャット+ビンゴ。 「うーん・・・」 でしたねえ。

実はビンゴって、私の大の苦手なゲームなんです。
目がチカチカするし、一度も当ったことが有りません。
(もしかしたら、ちゃんとやり方を理解していないのかも・・・)

まあそんなことで、そこも私には合わない所でした。
要するに、それぞれにヒットするキャンプって、空き時間の
有無が大きく関係するのと、好みの問題も有るんです。

なので、また気を取り直して、他を探そうとしていたところに、
Rockさんなる人からIM がやって来ました。

Rockさん? 知らない人だけどなあ・・・」 と、中身を見ると
さいさん、Sが出てますよお~」

「ええっ!なんのこと?・・・」

これで何を意味しているか、分かるようなら、あなたは
このセカンドライフを知り尽くした人ということですよ。

その文言を前にして、暫し考えましたねえ・・・

2009.5.12 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
  https://senior-sl.so-netsns.jp/

------------------------------------------------
Japanresort090428_002_2 <Japan Resort にて>
ここはいつも行っても爽やかな砂浜・・・
暫しキツネさんと会話しました。
彼(たぶん)って、最近SLに入ったんです。


彼に 「他のSIMに行ったことは?」 と聞いたら、
「どこにも行ってません」 の返事に、驚ろかされました。
色んな人が居るんですねえ・・・ははははは

Neo_japan090430_007
<NEO Japan にて>
英会話教室が有ります。
他にも英語教室が有るのですが、若い人達に
是非とも学んで欲しいですなあ。


























| | コメント (0) | トラックバック (4)

かなり悩ましい話・・・

一昨日の夜、私の携帯に電話が入りました。

土曜日でもあるし、どうせ、またつまらない勧誘話だろうと
気にも留めていなくて、ほったらかしに・・・
ところが、2分ぐらいしたら、また電話です。

なので、「一体こんな時間に誰なんだ!」 と、出ようとした
途端、留守電に切り替わってメッセージが記録されました。

留守電かあ・・・なんだろうなあ」

まあ留守電でも、しばしば下らない話の時が多いものです。
それを覚悟で、とにかく聞いてみることにしました。

「○○です。動かないので、治して欲しいんですが・・・」
四ツ谷に住んでいるおかみさんの声でした。

それを聞いた私は、急いで電話しました。

軽く挨拶を交わして、
「どんな風な感じになったんですか?電源は入りますか?」
「電源は入るけど、画面にいつもと違う文字が出て進まない
 んです」
「どんな文字が書いて有りますかねえ・・・」
「どんなって、○×△・・・ですが」 「???」
「とにかく、いつもと違うから、どうして良いか・・・」
「分かりました。じゃあ月曜日の10時頃伺いますが、それで
 良いですか」 「はい、お待ちしていま~す」 

その鮨屋さんは、私が17年ほど前に飲食店専用の
販売管理システムを開発し、収めたお客さんなのです。

それを何と、それを未だに使ってくれているんです。
すごいでしょう!

でも、そのこと自体、ものすごく嬉しいことなのですが、今と
なっては、ひどく悩ましい問題でも有るんです。

当時のパソコンOSであるMS-DOS上で動かす、開発ツール
を用いて作ったシステムだからなんですよねえ。

普通に考えるなら、Windowsで動くように再構築するとか、
市販の販売管理システムではダメなのか、となるでしょうが
そのどちらも、かなり問題が有ります。

再構築するとしたら、200~300万円は掛かる筈です。
また市販システムでは、不用な機能が多過ぎる上に、必要な
機能が入っていません。

そして何よりも、私のシステムに慣れてしまった、PCオンチの
おかみさんは、「絶対に他のでは嫌です!」 と口を開く度に
言うんですよねえ・・・

そうなると、もし今のPCが壊れてしまったら、MS-DOS
うごく中古PCでも探すしかなくなります。

「ウーン・・・困ったもんだなあ」 と、呟きながら、おかみさんの
元に向かいました。

結局、PCに内臓している電池切れが原因だと分かりホッ・・・

おかみさんがその電池切れに備えて、常備していたので
交換して、日付を本日に合わせてOK。

電池交換は、すごく簡単な話なので、以前教えようとした
のですが、「そんな怖いこと、私には出来ません!」 と
取り付く島がなかったのです。あははははは

電池は、1年半~2年で切れます。
その交換の都度、会えるのは嬉しいですが、ハードディスク
本体が壊れてしまったら・・・ああ~恐ろしやぁ~

考えても詮ない話です。
今のPCが壊れてしまったら、秋葉原の中古品に替えることを
考えていますが、最悪のシナリオは手作業に戻すことです。

いつ手作業に戻っても良いようにと、顧客台帳売掛残高
だけはノートに記入して貰うようにしています。
今やそれぐらいしか、防衛の手段がなくなっているんです。

ところで皆さんは、
「たかがすし屋じゃないの。手作業でダメなの?」 と疑問を
持たれたかも知れませんね。

そのって、都内で3店舗経営していて、かつ、すごく
高級 (つまり高いってこと) なんです。
なので私なんぞ、これまでに4回しか入ったことが有りません。

まあ客層からみて、要するに接待用の店ということですね。
顧客数4000人を越えていました。

今さら手作業は、あまりにも可哀想すぎますよねえ・・・

あれっ、またセカンドライフと関係のないことを書いてしまい
ましたね。ごめんなさい・・・

実は、こうしたMS-DOSという古いふるい話と、未だに
付き合いながら、セカンドライフみたいな先端の話とも
付き合っている私、と言いたかったんですよねえ。


ところで、セカンドライフの中で、長いこと愛用して来た、
toyosuがなくなってしまい、あっちこっち私の性に合いそうな
キャンプ地を探して、ほぼ3週間経ちました。

「ここなら!」 と思って、少しやってはみるのですが、
どうも 「帯びに短しタスキに長し」 になってしまうんです。

「もう合う所はないのかもなあ・・・」 と、諦めかけた先週末、
ついにそれが見付かったのです。

2009.5.11 記

続きは、明日・・・

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
 https://senior-sl.so-netsns.jp/

------------------------------------------------
090428_001 <難波SIMかな?>
道端で手相を見る女性が居たので
「こんにちは~」 とやったのですが・・・
残念・・・見て貰いたかったなあ。


Neojapan_tokyo090428_018
<NEO Japan にて>
アホヤン君が教えてくれたキャンプ。
みんなで足湯・・・しながら。



Neojapan090501_001
<NEO Japan にて>
翌日、また行ったら、なんとtoyosuで
いつも隣りに居た、ゆめかさんが居ました。
「おおーーまた会えたあ」と少し感激・・・


しかし・・・このキャンプは、間もなく閉鎖されてしまいました。
それにしても早すぎますよねえ。

Harbeng090507_001hikarin
<Harbeng SIM にて>
このSIMは、先日、ららちゃんから
教えて貰い、メンバーに入れて貰いました。
そのスタッフのHikarinさんが大ウサギに・・・































 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

連休でやったこと・・・の続き

信号待ちしながら、傍らの電気店を見た私は、ふと、思った
のです。 「ダメ元で聞いてみるのも一興かな」 と。

昔からの電気店ですから、ドアは手動式で引き戸。
ガラガラガラ・・・

「いらっしゃいませぇ~」 「こんにちは~」
店内を見回すと、目立つ電気製品はほんの少し。

「うーん・・・これじゃあなあ」 と入ったことに、ちょっと後悔。

しかし折角入ったのだし聞くだけ聞いてみるか、と決意して
奥さんと思われる女性に、

「あの~アナログテレビ室内アンテナ、有りませんかねえ」
「ああ~あれねえ・・・この間、売れちゃいましたから・・・」
「そうなんですか。残念だなあ・・・」
「でも、ちょっと待ってくださいよぉ~・・・」 「えっ!」
「確か、もう一つ有ったようにと思ったけどなあ・・・」

と言いながら、彼女は壁に掛かっている幾つかの袋の裏を
ひっくり返して行ったのです。

「やっぱり有りましたよ」 「ホント!ですか」
「これは最後の一つです」
「おおーー最後の一つだあ・・・貴重品ですねえ」
「あははは、そうですね」 「ところで、値段は幾らですか?」
「○900円です」 「ん?・・・」

そうなんです。○に入る数字が良く聞き取れなかったんです。
「2900円ですか?」 「いえ、1900円です」

いやーー嬉しかったのなんの・・・

思わず 「そんな貴重品が1900円で良いんですか?」 と、
言ってしまいましたねえ。

彼女は、「あははは」 と大笑しながら、「そうか、貴重品なん
 だから、もっと高くても良いはずよねえ~~」

家路に向う私の足取りは、それはもうルンルン・・・

重い荷物を背負って、あんなに秋葉原の街中を探し回った
室内アンテナが、地元の小さな電気屋さんに有ったんです。

しかも2500~3000円でも買うしかないと思っていたのに
何と1900円!!
その上、A4の印刷用紙も、近場で手に入ったんです。

私は強くつよく思いましたねえ。

「そうだ!まず地元を確かめてから、他を検討すべきだ!」 と。

あっそうそう、翌朝、「あの用紙は良かったわよ」 と妻が。
「それは良かったあ・・・」 「あれ、幾らだったの?」
「えーとねえ~実はさあ。358円だったんだあ」 「ふーん・・・」

それから急いで帰宅するやいなや取り付けた、室内アンテナ
ですが、それはもう、勿論バッチリでした。

それどころか、UHF用のアンテナも入っていたので、それを
取り付けてみたら、3年ほど前から見れなくなっていた、
東京MXテレビが映ったんですよねえ・・・good

おまけ付きだったというわけで、幸せな気分に浸りました。
こういう体験って、本当に嬉しいものですねえ・・・


ところで、連休の前日、Poppo SIM Youchan(よーちゃん)
の家に行かないか、とふく君が誘うので行ってきました。

Poppo090428_017youchan 彼女の家というか、店というか、の室内の
全景はこういう感じです。
オセロ台に座ってみました。


Poppo090430_008 そこに、ふく君が来て座り、Youchan
やって来てくれました。
3人で楽しい会話の始まりです。


ゆったりした空間が良いですよねえ。

Poppo090428_016youchan 外に目を移すと、海の岩山に
波がザッブ~ン!ザブッブ~ン!と
打ち寄せます。


ふく君、Youchan、ありがとうございました!!
とっても楽しかったで~す。happy01


今朝、我がDaikichi (大吉) でホセさんが造ってくれている
或る会社の区画を見に行ったら、ホセさんが作業中でした。

なので、少し中断して貰って写した写真がこれです。
(ホセさんと私が並んで座っているの、見えますかあ~)

Daikichi090508_003 大胆な造りを目指した建物なんです。
一体なにを造っているのか、ですって!
まあ、謎のまゝにして置きましょう。


まだまだ完成途上とのことなので・・・
しかもホセさんは、どうもイメージ通りに行っていないと
再構築しようと考えているようなんです。

出来てのお楽しみ、ということで。

Daikichi090430_001 満開のだった大吉金剛殿は、
ホセさんが、藤の花に変えてくれました。
この季節、が最高ですよねえ・・・happy01


Daikichi090430_006 公共施設の周りに、幻想的な並木
作ってくれています。
なかなかでしょ。wink


ホセさん、いつも本当にありがとうございます。

2009.5.8 記

続きは、来週・・・

セカンドライフに関心の有るシニア世代向けSNS
  https://senior-sl.so-netsns.jp/













       


          











| | コメント (0) | トラックバック (1)

連休でやったこと・・・

皆さんの連休は如何でしたか?

高速料金1000円だからと車で国内旅行に出掛けた方は、
待ちくたびれてしまったのでは。

帰省を恒例行事にしている人達に取っては、恨み節の一つも
言わずに居られなかったのではないでしょうかねえ。

私の場合、父母が他界してから仙台に帰省することは、全く
なくなりました。
その上、子供も大きくなり、それぞれ自分のことが忙しくて
そんなことには、まるで関心のかけらも示しません。

なので、私の休日は、朝と夕方の愛犬散歩が仕事のような
癒しのような、実に平凡な生活リズムになっているのです。

それでも連休スタートの2日、家のプリンタA4印刷用紙
ないから買って来て、と妻から言われていたので、新宿ヨド
バシ
カメラに出掛けました。

郵便局には、千駄ヶ谷から小川町郵便物の転送届けを
出していましたが、間違えて、旧い住所に行ってしまうことは
良く有る話なので、ついでにそれを見に行くことにしたのです。

結局、誤送された郵便物が一通有りました。
続けて、代々木から新宿ヨドバシカメラのB1に。
連休のせいでしょう。ものすごく少ないお客さんでした。

「えーと、消耗品コーナーだなあ」 と、カウンターの所を見ると
安売りのA4印刷用紙が高く積まれています。

「ふーん・・・500枚で370円かあ。安いんだろうなあ」
暇にしている店員に聞くと、「前は340円だったから、少し高く
なったんですが・・・」 「そうなのかあ。とにかく2セット買うよ」

持って行ったバッグに1000枚の用紙を入れて、肩に掛けると
ズシッと肩に食い込みます。

「さあて・・・どうしようか。もと立ちソバでも食べるか」

その後、どうしたと思います?
実は、そのまゝ家に帰ってれば良かったんです。

それが、「そうだ!秋葉原に行って室内アンテナ買おう」 と
やったんです。これが大失敗でしたねえ。

えっ!なぜ室内アンテナか、ですって?

ああ~そうですよねえ。
つい先日、ヤフーオークションアナログテレビを3800円で
買った話を書きましたよね。
それで少しの間、快適に見れていたんです。

ところが・・・

屋上のアンテナが古くなって、風が吹く度に倒れそうだから
 地デジアンテナに替えて!」 と天の声(つまり妻からの指令)
が、やって来たから大変。

「ええーーまだ大丈夫だよ」 の私の声は、虚しく空に・・・

そして結局、アナログアンテナ撤去地デジアンテナ設置
行われ、リビングのテレビは快適になったのですが、私の
テレビは・・・哀れグチャグチャ・・・

そこで、せめて室内アンテナを、となった次第なんです。
1000枚もの用紙を担いで、秋葉原の街のジャンク屋を探し
まくりました。いやはや・・・

しかし室内アンテナなんて、もうどこにもなかったのです。
チューナーは有りましたが、それはどう考えても無駄な投資
ですよ。だってチューナーBSも考慮されていますが、
テレビ側にそれを映す機能がないんですから。

結句、無駄骨の末の疲れ果てゝの帰宅。
にも関わらず、小休止した後、愛犬との散歩。
ははははは、男はつらいよ、でしょ!
ですが、実はこれが私の癒しになってるんですよねえ。

翌朝、「ねえ昨日の印刷用紙だけど、幾らだったの?」
「えっ!どうしたの。370円だったけど・・・」
「ダメよ!あれじゃあ、印字がうまく出ません!」
「そうなの?でも良く売れてるって言ってたから・・・」
「とにかく安物買いの銭失ないってこと!買い直して!」
「・・・」

何ということでしょう。2セットも買ってしまったのに・・・

どうしても印刷しなければならない物が有ることは分かって
いたので、早く何とかしなければなりません。

4日の朝、私が住む荒川区ホームセンターに行ってみる
ことにしました。
前にA4印刷用紙を見たような気がしたからです。

10時開店なので、10分ほど前に着いて、野菜や花の苗を
鑑賞していると、続々と人が集まり、開店を待っています。

「へえーーみんな早いし人気の店なんだ!」

正直、驚きました。そういうものなんですね。
人が集まったので、2分ほど前に店を開けてくれました。

入るやいなや、レジの女性を捕まえて
プリンタ用紙有りますか?」 「ええ有ります。18番です」
「ああ~そうか。天井の番号で18番か」 「はい、そうです」

急いで行ってみて、驚き。そして不安が・・・
なんとA4が500枚で358円。

「ええっ!ヨドバシより、安いじゃん・・・」
もっと高いのはないか、と探したのですが、それのみ。
「うーん・・・困った。どうしよう・・・」

こういうのって、本当にまいりますよねえ。

370円で使い物にならなかったのに、もっと安い。
ヨドバシの方は品揃えが多いのに、ここはたった一種。

少考一番、私が出した結論は、「やはり買おう」 でした。
「ダメ元でいいや」 の気分で。

ついでに、「アナログ室内アンテナはないかなあ」 と聞くと
「もう有りません」でしたねえ・・・当然でしょうなあ。

ところで、ホームセンターって、面白い店ですねえ。
皆さん、ご存知でしたか。

何しろ、ドンキホーテみたいに雑然と興味をそそらない物が
やたら多いのではなく、私みたいな歳の者が好みそうな物を
置いているし、「へえーーこんな物も」 と感心させられる代物
が有ったりするんですよねえ。

なので、暇に任せ、1時間余りじっくり鑑賞してしまいました。
店を出た時には、もう11時半。

信号待ちしている傍に、電気屋が・・・
いわゆる昔から有る地場の電気店です。

続きは、明日にさせて貰います。

2009.5.7 記

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
 https://senior-sl.so-netsns.jp/

-------------------------------------------------

Poppo090428_010 <Poppo SIM にて>
ちずちゃんの家が上空に有ります。
彼女が 「地上の公園もいいお~」 と言ったので
下りて見学してみました。

何となくメルヘンチックな、可愛い雰囲気ですよねえ・・・

Poppo090428_011
<Poppo SIM にて>
何というか、とにかく可愛いですよね。
日本家屋にでも行ってみましょうか。



Poppo090428_012
<Poppo SIM にて>
中でリラックスしている私が
見えますかあ~・・・happy01



Poppo090428_013
<Poppo SIM にて>
向こうに「こいのぼり」が・・・
ゆったりした雰囲気で良いですよねえ。
こういう感じ、好きだなあ・・・


Poppo090428_014youchan
<Poppo SIM にて>
行って見ると、中にYouchan(よーちゃん)
が居ました。
「こんにちは~」 とやったのですが・・・


Poppo090428_015youchan
<Poppo SIM にて>
彼女の所に、こんな素敵な藤の木が
有りました。
素晴らしい藤の花ですよねえ・・・













































| | コメント (0) | トラックバック (3)

3D仮想空間は21世紀のツール!

豚ウイルスに因るインフルエンザ被害が、連日大きな話題に
なっています。

あっと云う間に感染者が13ヵ国に広がり、日本でも感染者が
出て来そうな話に及んで、水際で食い止める方策や被害に
会わない方策の話題で持ちきり。

世界大不況のさなかに、まるで追い討ちをかけるみたいで、
なんとも切ない話です。

今回の場合は、毒性の弱いウイルスだからと言われています
が、これが毒性の強い鳥インフルエンザだったとしたら・・・

思っただけでも、ぞっとする話ですよね。

そうでなくても、この豚インフルエンザが世界中に流行ったら、
経済に与える影響は計り知れないでしょう。

経済活動に支障をきたさないためにも、何としても最小限の
範囲で食い止めなければならないことは当然です。

しかしこうした人類に多大な被害をもたらす新型ウイルスは、
必ず出現するのだと、かなり前から言われてきています。

このことは、人類が覚悟しておかなければならないことだと。

何しろ、こうしたウイルスは、感染してすぐ症状に現れるのでは
なく、数日間潜伏した後なのが大きな問題で、その間、誰と
接触したかを特定するのは至難の技ではないでしょうか。


一方、それとは別に、経済活動学校教育等々の行為は、
渋滞なく行われる必要が有ります。

対顧客や行政、教育での会議プレゼン授業
云った行為は、定められた場所に集まって、対面で行う、
というのが、ごくごく普通の形であることは論を待ちません。

その時に、みんなで大きなマスクをしながら、という話では、
何とも様になりませんよねえ。

多分、うまく行くものもダメになってしまいそう・・・ですよね。


さて賢者の皆さんには、私の言いたいことが、もはやお見通し
でしょう・・・ good

そうなんです。coldsweats01

みんなが自分の分身を持ち、会議やプレゼン、面談、
授業を3D仮想世界で行う、これが最高の解決法!!


と、声を枯らして言いたいのです。

セカンドライフは、ゲームを抜きにした3D仮想世界の中で
最も精巧なイメージを実現し、極めてリアルな感覚が共有
できる空間だと思っています。

その特徴をなるべく実現しながら、ビジネス用のツール
しようと登場したのが、OpenSIM です。

こうした3D仮想世界を用いて、前記の会議などを行うことに
すれば、どんなインフルエンザだって、どうしようもないですよ。

悔しかったら、通信回線の中に入ってみろよ!
あはははははは

何だって? 人間の分身になって入ってやる!
おおーー面白いじゃないか。成れるもんならなってみな!


冗談はともかく、3D仮想空間21世紀の必須なツール
なるだろうと信じている私は、インフルエンザを機に、さらに
意を強くしたという次第です。

2009.5.1 記

続きは、連休明けに・・・

セカンドライフに関心が有るシニア世代向けSNS
 https://senior-sl.so-netsns.jp/

-------------------------------------------------

Sim090422_004 <海外のSIM にて>
ここはアメリカ?バスケットが出来ます。
右の男が飛び上がって入れていました。
やってみましたが、かなり難しくて・・・


Orient_island090422_008
<Orient Island にて>
アホヤン君が連れて行ってくれたダンス
キャンプ。賑やかな音楽と花びらのような物が
飛び交っていました。


090427_001
<海外のSIM にて>
放浪しながら、とにかく人が居たので
行ってみると、日本名の女性が・・・
でも彼女は放置状態で反応なし。weep


090427_0011
<海外のSIM にて>
また別のSIMを歩いていたら、突然、
舞い上げられ、空中でダンスさせられました。
「へえーこんなことも有るんだあ・・・」 でした。


Sim090422_003
<海外のSIM にて>
さらに別のSIMに行くと、こんな幻想的な光景が。
妖精が飛び交っているんです。
なかなか良いですねえ・・・


090428_003
<道頓堀 にて>

「おおーーいなせな女だなあ・・・」
「こんち~」 とやったのですが、応答なし。



090428_005
<道頓堀 にて>
なので、彼女が見えるコタツに入って
10分ほど待ったのですが・・・happy02



                         
                      

              
                                                            









| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »