« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

再起を願って・・・

本日もですが、今週は飲み会続きで、いささかぐったり。

ほとんど飲まないで終わる週も有るのですが、たまに今週
みたいに、毎日続くことが有るのです。

さんは強いから、酒が大好きなんでしょ?」 と聞かれたり
しますが、答えは 「いいえ」 ですねえ~

好きな人は、毎日晩酌をやると言いますが、私はしません。
なので、3日4日飲まないなんて、ざらに有ります。

元々陽気なタチの私は、飲んでもほとんど変わりません。

ほとんど変わらないので、酒でストレスを発散させるという
効果はない、と言って良いでしょう。

飲んで良いことと云ったら、すぐ熟睡できることぐらいかなあ。


ところで、神田小川町で一緒だった、さんの会社が倒産し、
彼は自己破産してしまったのですが、そのさんが、一月
或るソフト会社に営業として採用されました。

「おお~それは良かったなあ~」 と、私も安堵の気持ちで一杯。

彼は先日、彼の会社に投資してくれた社の社長を訪ね、
心からお詫びして来ましたと、私にメールをくれた中に、その
社長が、さんの再起を願って、3人で飲みませんか、と
言われたのだと、添えて有ったのです。

勿論、私は喜んで参加させて貰います、と返信。

その飲み会が一昨日だったのです。

さんの会社の倒産で、投資した数百万円が紙くずになって
しまったにも関わらず、社長はさんの激励会をやってくれる
という話。

これが感激しないで、何に感激するのかの思いで、私は
「おお~さんは、何と云う素晴らしい人なんだ!」 と、思わず
落涙してしまいました。

さんは、私より一回りも年下。
まだまだ活躍して貰わなければなりません。

非常に優秀な男ですが、ドライな一面も目に付いたものです。

こうして人の暖かい温情に触れることで、一回り大きな人物に
なって欲しいと、強く思いつつ、杯を重ねました。

それにしても、さんの人間としての大きさには、ただただ
感心させられました。

飲みながら、愚痴や文句の一つでも、さんがさんに言う
のでは、と勘ぐった、私が愚か者でした。

ただの一言も、さんの口から、そんな言葉は出なかったのです。

終わって駅に向かう途中で、さんがさんに言った言葉。

さん、さんを一生大事にしなければなりませんよ」

咄嗟に私の視界が曇り、思わずよろけそうになりました。
一気に噴き出た涙のせいです。

私達を励ますために、今の私では、とても入れはしない
高級割烹に招き、ご馳走してくれた上での、その言葉。

「ああ~さんのような素晴らしい人が居てくれるから、人生は
 捨てたものではないんだなあ~」

でしたねえ・・・

さん! 必ずや大復活を遂げて下さいね。

2010.2.26 記

----------------------------------------------------
あいかさんのカフェバーにて

100225

最近、模様替えしたようです。

少しだけチップを・・・

100225_001

あいかさんと会話していると

さいさん、有料スプローダーをやってみませんか?」

スプローダー~・・・ どういうの?」

100225_003

で、あいかさんが呼んでくれた所が、ここ。
みんなで踊りまくっています。

さいさん、グループに入って」 「ん??」

この続きは、次回・・・
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり!の話・・・

今週の月曜日、朝一番に渋谷の友人のIT会社を訪問し、
事務所に帰る地下鉄に乗っていると、携帯に電話が・・・

見ると、君からです。
とにかく電車を降りないことには、どうにもなりません。

降りるまでの間、「なんで君が電話して来たのかなあ~」 と
何となく考えてみましたが、思い当たる節といえば、しばらく
会っていないから、というぐらいしか出てきませんでした。

「まあ彼のことだ。暇つぶしに話でもしたいのかな?」

君が社長を勤める会社は、渋谷だったことも有り、
「でもなあ、もう少し早く電話をくれたらなあ~ ついでに会っても
 良かったのになあ~」 と、独り言をぶつぶつ。

すでに虎ノ門まで来ているので、今さら渋谷に戻るのは、
中途半端な時間になってしまう。

なので、結局、地下鉄を降りたところで、彼の携帯に電話。

「やあ、久し振りぃ~ さっき電話くれたよねえ~」
「ああ~はい」
「あんたから電話を貰うのは、何年ぶりかなあ~ははははは」
「そうでしたかね。ところで実は、会社を売ったんです
「えええ~~!!」

君は、昔私が勤めていた会社の後輩ですが、才覚に優れ、
かつ良い人脈を持っていて、社業は順調。
彼が会社を売却しなければならない理由なんて、全く思いつかない。

そもそも彼の会社は、同じIT業界と云っても、時流に乗った
Webを駆使したアイデア企画で、むしろ成長中のはず。

続けて、彼が発した言葉に、暫し絶句・・・

9月胃ガンの手術をしたんです。それでもう社長業は無理
 だと思って、12月末付けでM蔵に・・・」
「ああ~あのM蔵・・・」

さんと会ったのは9月でしたっけ? あの時は、まだ言えなくて」
「いや~君と会ったのは、たしか8月だったと思うよ」
「そうでしたか・・・まあそういうことなので、今は浪人ですよ」
「なるほどお~ 思いっきり気楽になったという訳かあ~・・・」

「でもさあ~胃ガンは転移しにくいから、1年もおとなしくしていれば
 完治すると思うよ。私の周りで胃ガンを手術した人が4、5人居る
 けど、みんなものすごく元気だし、酒も平気で飲んでるよ」
「そう言いますよねえ~」 「うんうん」

しかし・・・ 私の驚きは大変なものでした。

「あの元気一杯だった男がなあ~ いきなりM&Aかあ~・・・」

私ぐらいの歳になると、「」 という事実を、全く無視して暮す、
なんて有り得ないと思うのです。

実際、私も何かの折に、「生ける物は、いずれ必ず死ぬ」 を
強く意識することが有ります。

ずっと以前に、君と話した時、「ガンになったらお終いですよ」
と、彼が言うのを聞いて、私も 「そうかもなあ~」 と返したことを
覚えています。

それだけ、彼の意識の中に、ガンという病に対する恐怖心が
強く有って、あっと云う間の今回のM&Aに至ったのかも
知れません。

さんは長生きするよ。きっと」 と、仲間から良く言われます。
「そうかもなあ~ ストレスを溜めない方法だけは、良く知ってるし
 何よりもいつ死んでも良いや、のクチだから、迎えに来にくいかも。
 だはははははは」

そうそう、君の会社は、日本でブームになりかけた時分に
いち早く、セカンドライフに参入していたのです。

そのぐらい、君は進取の気象に優れていて、実に素晴らしい
アイデアが出て来るし、行動の速さもピカイチ。

まあ、彼のような男は、ざらには居ないでしょう。

ガンを完治させて、再度、カンバックして欲しい
そう願わずに居れません。

2010..2.25 記

-----------------------------------------------------
100212

先日、久し振りに福岡よしこさんとIMで会話しました。

こうした会話って、すごく心を和ませてくれますねえ~ confident

彼女の素敵な人柄が伝わって来るんです。

100219

たまたま、あきさんとこんな感じになりました。

まるで、夫婦の屋台みたい・・・ ははははは

100219_2

あきさんが気がつき、暫し会話。

要するに、みんな仲間みたいなものなんです。happy01 lovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利府町長4選を果たした同級生

利府町? 一体どこの町?! そうですよねえ~

所ジョージ日本地図に向かってダーツ)を投げても、
当ることは、まずないでしょう。bleah

以前にも、ブログに書きましたが、答えは宮城県仙台市
塩釜市の中間ぐらいに位置した海のない町が利府町です。

仙台市のベッドタウンとして、マンションが立ち並ぶようになり
人口は34,000人余り。

私が小学校の6年生時に住んだ(当時は) なのです。
当時の同級生の一人が現町長鈴木勝雄君。

2月頭に12年ぶりに行われた町長選挙に挑み、4選を果たした
というから、なかなかの男です。

そもそも12年もの間、無投票で再選されて来た、という事実
から見て、彼がやって来た政策に、住民も納得していたという
ことの証左でしょう。

さすがに4期目となると、みんな考えてしまう。
それが選挙ということになったのだと思います。

しかしそれでも、やっぱり鈴木君が再選されたのです。
かなり長閑な町なのでしょうね~・・・

ところで利府町には 「宮城スタジアム」 という競技場が有ります。

ここでかつて、国体が行われ、サッカーのワールドカップが開催
されたのです。

仙台市競技場で行われたものではないのです。念の為・・・

このスタジアムは、プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルス
2軍本拠地にもなっています。

利府町に電車で行くには、仙台駅で 「利府線」 という超が付く
ようなローカル線に乗らなければなりません。

その「利府線」 に乗り、4つ5つ目の終点利府駅です。
(大昔は、3つ目だったのです。今は住宅が増えたので・・・)
このことからも、ゆったり感が伝わって来るでしょう。happy01 happy01

とにかく良い所ですよお~ まあ行くならが良いでしょう。

それこそ大昔に有った利府城跡の公園(山の上)の
一望に見渡せる景色は、それはもう、実に素晴らしいですよ。

遥か松島湾も見えますしねえ~

鈴木君とは、彼が町長になったばかりの頃、関東地区に在住
している人達で同級会を催した際に、利府から駆けつけて
くれて40年ぶりに会うことが出来たのですが、その時の感動
が、まるで昨日のことのように脳裏をよぎります。

鈴木君、頑張ってるなあ~ ヨーシ!私も!」

と、彼の4選を祝って、密かに 「鈴木君に乾杯!」 でしたねえ~

また、みんなと同級会をやりたいなあ~

2010.2.24 記

2月24日がまた巡って来ました。
私に取って、決して忘れられない特別な日。なのです・・・

-----------------------------------------------------
201002211617

荒川公園河津桜。ほぼ満開でしょうか。

この河津桜は、1、2年前に植えられたばかりの若木。
見ごたえが有る木に成長するには、暫く掛かるでしょう。

それをじっくり見守って行こうと思います。










| | コメント (0) | トラックバック (1)

大分岡病院のメディカル情報センター

大分県大分市に有る、社会医療法人敬和会大分岡病院が、
セカンドライフ内に 「Oka Medical Information Center」 を
オープンしたと聞き、行ってみることにしました。

同センターが有る場所は、Oita(133,199,41) です。

設置してある内容は、同病院の最新医療設備や取り扱っている
医療分野(リンパ浮腫治療、創傷ケア、マキシロフェイシャルなど)
そして、心臓・循環系治療の情報とのこと。

とにかく・・・と、テレポートする。

100223_001

入口前に到着。

中に入ってみましょうか。

100223_003

「なるほど、受付が有る・・・」

つかつかと近づいて、「こんにちは~」 と声を掛けて
みましたが、「・・・」 でした。

きっとリアルの仕事で忙しいのでしょう。

右の方に行ってみると、

1002231f

2階3階テレポートするボタンが有りました。

まずは2階に・・・

100223_004f1

同病院の扱う医療の概要を説明したものが。

時計方向に歩くと、

100223_005f

「そうか。リンパ浮腫って、こういう病気のことかあ~」

100223_006f

隣りのボードには、サイバーナイフでの治療の説明が。

「ううっ! こういう治療を受けるのは苦手だなあ~」

先年、蓄膿症の手術を受け、両方の鼻の奥を全て切り取った
時のことを思い出してしまいました。

手術自体は全身麻酔だったので痛みは、全く知らない内に
終わったのです。

ところが、患部全体に詰められたガーゼを取り出す時の痛さ。
これには飛び上がり、かつ両目から涙がポロポロ・・・

勿論、子供じゃないから泣いているわけではありませんよ。
が、あまりの痛さに、勝手に涙が出て来るんです。

「先生~これ、ものすごく痛いですよ~」
「そうそう、身体の中で一番感じる所だからね。血の涙を出す
 人も、たまに居るんですよ」
「そ、そ、そうでしょうね。あいちちち、うひぃ~・・・」
「あと一つ、大っきいのが残ってるなあ~」
「ええっ!そうなんですか~・・・」
「今日はこのぐらいにして、明日取ろうか」
「先生、それはないですよ。我慢しますから、取ってください」
「おおっ、意外と我慢強いんだなあ~じゃあ・・・うっふっふっふ」
「先生!取る時、ゆっくりやらないで、パッとやって貰えませんか」
「うんうん、なるべくそうしようか」

なんか、耳鼻科の先生は、これを楽しみに生きているのでは
ないか、と恨めしく思ったほど、筆舌に尽くしがたい痛さ、
でしたねえ~

なので、この写真のような光景は、実に苦手。

100223_007

これは創傷ケアセンターの説明。

主に足の指に来るんですかねえ~

3階に行ってみると、

100223_008

同病院の医療に向かう姿勢などの解説が。

そして最後に、

100223_009

岡病院全体の説明。

「うん、なかなか良い病院のようだなあ~」

100223_011

最後に、岡病院の医療情報センターの全景をパチリ。

左側に和風の建物が立ち並んでいました。

隣りは、matsuyama (松山) というSIMでした。

ついでに、こっちの景色もパチリ!

100223_010

多分、松山城だと思いますが、どうでしょうか。

(何しろ、四国はまだ行ったことがないもので・・・)


さて、セカンドライフですが、かつてのブーム時には、
即ビジネスになりそう、と多くの企業が参入し、効果なしと
見るや、あっと言う間に消えて行きました。

こうして新たに参入して来る所は、それらと違って、息の長い
啓蒙活動を目指しているのでしょう。

地に足が着いている、と強く感じます。

お陰で爽やかな気分になって、帰途につくことが出来ました。

2010.2.23 記

---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

わくわくさせてくれる活躍!

このタイトル、バンクーバーオリンピックの話では有りません。
実は、ゴルフ囲碁の話なんです。

まずは女子ゴルフ宮里藍ちゃんの米ツアー2勝目の快挙!!
とにかく、これにはビックリさせられましたねえ~ good happy01 happy01

首位と6打差最終日なので、上手く行って2位で終われば
まあオンの字と思っていました。

ところがところが、大逆転の63という、すごいスコア・・・
これには、ものすごく驚いたのなんの。

技術力が有るだけでは、世界のツアーではまず通用しません。
強靭な精神力冷静な判断力、それが並優れていなければ
とても勝てる話でないことは、誰でも知っていることです。

過去にも、国内では向かうところ敵なしの男が、世界の舞台
では、ただの1勝も出来なかったことが、いみじくも証明して
います。

一時期、ちゃんはフォーム改造に取り組んで、それがために
スランプに陥っていました。

しかし何かを掴んで吹っ切れたのでしょう。
賞金女王に手が届きそうな位置まで持って来たのが昨年です。

今年は、さらに活躍してくれるに違い有りません。
楽しみですよねえ~


次は囲碁の話。
囲碁を趣味にしている人なら、昨日のHNK杯の番組は、きっと
観られたでしょうね。

勿論、私もわくわくしながら鑑賞しました。

何しろ、日本では、ほぼ無敵と思われる張栩3冠から、昨年の秋
名人位を奪取した井山裕太名人19歳)との対戦ですからねえ。

前回、NHK杯井山君が登場した時は、師匠の解説でしたが
今回は先輩の山田九段でした。

二人の対戦成績で、井山君が5連勝中とのこと。
張栩3冠を相手に、こんな成績の人は、日本人では、勿論、
誰も居ません。

それだけに、今回の対戦は、絶対に見逃せない一局でした。

井山君の先番で、対局開始。
やはり、地にからい3冠が地合いで先行し、井山君は外を
厚く打ちました。

見ていると、3冠から何となく落ち着かない雰囲気が・・・
一方、井山君はと見ると、あの亡羊としたいつもの雰囲気。

どっちが年上か分からないほど。

そして問題の右上3冠が仕掛けた一着から思わぬ戦いが
始まったのです。

その後の2、3手目から、二人は20数手も後の結論が
分かっていたのですから、すごいものですよねえ~

どうやら、3冠はその時点で負けを覚悟してらしいことは、
局後の検討の様子から、はっきり汲み取れました。

我々アマチュアから見たら、まだまだ分からないという状況の
話なのに・・・

勝ちを読みきった後の井山名人の確実さは、半端ではないと
解説の山田九段が言っていました。

まさに結果はその通りで、3冠の投了で終わったのです。
何と日本囲碁界第一人者張栩3冠6連勝!!

思わず、私は感動で震えが来ていました。

「やっと韓国中国の猛者連中に対抗できそうな、若きホープ
 が誕生したかあ~」

師匠の石井邦生九段の喜びや如何に。でしたねえ~

局後の検討会での、井山君の謙虚なこと。
「うんうん、だから君は素晴らしい!」 と落涙寸前の私。

「まだまだ何も分かっていません」 と耳を傾ける若きホープ。

だからこそ、「夢を託す」 私なのでした。

2010.2.22 記

----------------------------------------------------
引っ越したmuuキャンプにて

100222muu

今朝、セカンドライフに入った途端、まささんからIMが来ていて
さいさん、muuは引っ越したの。まやのさんからLM貰ったから
 送っておくね」 と。

「おお~心優しき人達よ」 と、思わず感激しきり。

そして貰ったLM (ランドマーク) で行ってみると、まささんも
まやのさんも居ましたが、まささんはリアルの仕事で留守。

なので、まやのさんに話し掛けると、居ましたあ~ happy01
ほんの少し、彼女と会話したのでした。

100222muu_2

前の所と中は変わっていませんが、店の外の景色が
違っていました。見晴らしがすごく良くなったのです。

分身を椅子に座らせ、リアルの仕事に・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子供は大切な国の宝!

昨日の午後から、やっと晴れてくれました。

やっぱりスカッと晴れた青空だと、「よしやるぞ!」 という気分に
なれますよねえ~ happy01 happy01


ところで、あまりにもやりきれないことなので、どうしても皆さんに
訴えたくて、ブログに書くことにしました。

それは、過去の中で昨年は、子供の虐待件数が最も多い
いう結果が出ているという問題です。

両親が虐待し、わずか2歳の子を、くずかごに閉じ込め窒息死
させたという事件には、ものすごく驚き、憤りに震えてしまいました。

絶句し、その後に何度もなんども、口をついて出た言葉は、

「何というむごいことをしたんだ!お前達の方こそ死んじまえ!」

でした。

祝福されて、この世に生を受けた貴重な命。
その命を奪うなんて、誰であろうと絶対に許せません

小さな子供がこの世で頼れる人は、唯一親なのです。
その親が最も頼れない人だなんて、こんな不幸が有るでしょうか。

なぜこんな事件が多くなったのでしょうか。

彼らに命の大切さを教えなかったからだ」 という意見は
もっともな話に聞こえます。

勿論、それも有ると思います。
が、もっと根深い問題は、今の親を担う人達が、精神的に子供
のまま身体だけ大人になってしまった
、ことに有ると思うのです。

私もそうでしたが、子供時代には生き物に対して、色んな悪さ
をやりました。

を何匹も地面に叩きつけて殺してみたり、の巣に熱湯を
浴びせてみたり、今ならゾッするようなことをやったのです。

その中には、今でも深く後悔していることが有ります。

私が犬を飼いたいと手に入れた、犬に対して何度もいじめ
やったことです。中学生の頃でした。

「あんな無抵抗なに、どうしてあんなことをしてしまった
 のだろう」 と、今飼っている愛犬を、理屈抜きに愛する度に
その時のことが浮かび、そして詫びるのです。

無抵抗な生き物を虐めてしまう」 という原因が、幼児性から
脱していないからだ、と知ったのは、社会に出てからです。

と云うか、親元を離れ自立してからと言うべきでしょうね。

社会正義や義理人情を知り、精神的に強くなった人間に
生き物、ましてや、いたいけな子供や弱った老人を虐めたり、
殺すだなんて思いもしません。

拝金主義のこういう時代では、人は大人になれないのか
深いふかい悲しみを禁じえません。

日教組賄賂を贈った。何と云うおぞましい話でしょう。

そんな暇と金が有るのなら、「道徳」 の一つでも子供に教える
べきではないですか。

ん? そうか。そんな連中じゃあ、教えるなんて出来ないか・・・
まず彼らの教育の方が先だものなあ~ いやはや weep

ダメ親に育てる資格がないのなら、国が引き取って育てる
べきだと思いますよ。鳩山さん!!

子供は大切な大切な国の宝なんですから

2010.2.19 記

---------------------------------------------------
201002180758

昨日朝の荒川公園 (荒川区役所内) の雪景色。

201002180759

隣接した釣り堀の雪。
さすがにこの朝は、釣り人は居ませんでした。















 

















| | コメント (2) | トラックバック (1)

ツィッターの話を聞く

2月3日に、私は今大流行のツィッター登録しました。

それは、中小企業にITを利用した経営コンサルを業とされる
宮下さんから貰ったメルマガに、ツィッター登録URL
添えて有り、「ツィッターは中小企業の販促ツールになる」 と
書いていたからでした。

「ふーん・・・販促ツールになり得るなんて、なんでだろう?」

そういう疑問が起こって来ると、どうしてもやってみたくなり
ますよねえ~

しかし全くの初心者の私には、登録はしたものの、「はて?
何をどうすれば良いのだろうか?」

とりあえず、自分のプロフィルに簡単な自身のことを書き、
第一声の「今なにをしてますか?」 に応え、呟きました。

とにかく何をどうすれば良いのか、それが分からないので
その日は、それだけ。

翌日、宮下さんからコメントが入りました。
「おお~宮下さんがくれたかあ~」

さらにその翌日、セカンドライフで友人のルナさんから
コメントが来ました。

ところが・・・ それに応じるコメント欄が出せません。

「これってどうなっているのかなあ~・・・」 と虚しく終了。

そして先週、宮下さんから15日の夜、ツィッターセミナー
横浜でやるので来ませんか、というメールを貰いました。

「おお~ぜひ参加させてください」 と返信したのですが、
その日は、PCが動かなくなってしまい、結局、セミナー
キャンセルさせて貰ったのです。

そして16日。元アスキーさんと会ったら、彼はすでに
ツィッター1000人を越えるフォロー者を抱えていて
彼のアイフォーンを使って、色々見せて貰ったのです。

その結果、「なるほど、宮下さんが中小企業販促ツール
なり得る」 は、こういうことだったか、と納得できる気持ちに
なったのでした。

宮下さんとは、15日に行けなかったので、直接会って教えて
貰うことにしていて、それが本日の昼でした。

渋谷喫茶店で、彼が15日に説明した資料を基に、入口の
話から教えて貰いました。

途中で彼が、ネットブックを開き、実例を基に説明してくれた
ので、私の理解は、さらに進んだようです。

ただ、ふと思ったことは、リアル世界での仕事の上に、セカンド
ライフをやり、それに関連したブログを書き、たまにFacebook
やる、に加えて、ツィッターでは、時間が幾ら有っても足りなくなる
だろうなあ~ でした。

時には、趣味の囲碁美酒を飲んで、適当にストレスを
発散させる時間も必要ですしねえ~・・・

まあしかし。
ツィッターも、もっと知識を身に着けられれば、かなり便利な
ツールの一つになるのでしょうね。

そのキーは、携帯の活用だろう、と強く感じながら、宮下さんの
話を聞いたのでした。

携帯なら、電車の中でも、自宅でも発信できますから・・・

そもそも、その宮下さんと知り合えたきっかけは、やはりセカンド
ライフ
です。

たまたま、或るソフトハウスの社長に、セカンドライフの話をしに
訪問した時、「丁度、異業種交流会をやってるから紹介しますよ」
と、参加者の人達を紹介して貰った中に、宮下さんがおられた
のです。

以来、彼にもセカンドライフを体験して貰い、交流が始まったと
いう次第。

セカンドライフをキーに、様々な方々と出会えました。
面白いものですねえ~・・・

2010.2.18 記

---------------------------------------------------
100216

合い間をみて、あいかさんとチャットキャンプを開始する
寸前の写真。彼女が椅子に座れば、開始できます。

が、彼女はこの場所に着いたばかりなので、周りの景色が
まだ良く見えていないようです。

ここはじっと待つのが礼儀というものです。happy01

100217cast

この写真は、一昨日のゾーンキャンプ中の写真です。

まささんがソファに座っていたので、私も座っていると、
まやのさんも、いつの間にか座っていました。

と、そこにCastさんなる、可愛い女の子が登場し、なんか
面白いことを言ったのです。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

談笑7時間・・・

このところ、ずっと寒さ続きで 「春よ、早く来い」 の心境。
東京に雪の降った日数が7日とは、結構な記録でしょう。

昨日、某出版社一月末で退職したさんが、相談に乗って
欲しいというので、日暮里で会いました。

さんは、丁度50歳
勿論、まだこれから大いに活躍して貰わなければなりません。

かつて、IT系の雑誌の編集長を長く担当した経験も有るので
視野が広く、人の話にじっくり耳を傾けることが出来る、実に
好人物なのです。

彼と知り合ったのは、やはりセカンドライフを通じてでした。
私とは業界が違うので、通常なら、まず接点が有りません。

こうして巡り合えるようにしてくれた、セカンドライフに感謝感謝
ですよねえ~ happy01 happy01 happy01

15時改札口で待ち合わせして、駅前の方に歩く。

「この駅、初めて降りましたよ。京成線の乗り換えは何度か
 有りましたが」
「そうですか。まあ普通は降りない駅だよねえ~」

私は山手線で降りたことがない駅は、一つも有りませんが
営業でもなければ、降りたことのない駅が有っても、特に
不思議ではありません。

日暮里のような駅の近くには、大きな企業は全くないからです。

「じゃあ、駅前の喫茶店に入りますか」 「そうですね」

ところが・・・ ドトール類似の店を覗くと、どこも満員。

「ふーん・・・何でこんなに混むのかなあ?」 と暫し???

「じゃあ仕方がないから、このニュートーキョーにしましょう」
「ああ~はい」
「この店、あのニュートーキョーと同じ名前だけど、実は全く
 関係ないと、先日、聞きましたよ」
「そうなんですか」

そうなんです。東京駅などに有る、ニュートーキョーとは、
品揃えが、まるで違うんです。

というか、分類上は 「喫茶店」 なのです。ははははは
ところがメニューを見ると、どう見ても飲食店

そういうところが、「さすが下町!」 ・・・ なんですよねえ。
しかも、食べ物酒類が意外に安く、しかも変わっています。

例えば、ラーメンとみつ豆のセット(単品でも同じ値段)。
スパゲッティグラタン(一体どんなイメージか分かりますか?)

15時過ぎにさんと一緒に入り、まずはコーヒーを飲みながら
彼の相談話に花を咲かせました。

何しろ 「喫茶店」 なので、真っ赤なソファ状の椅子はゆったり。
店内はかなり広いので、隣りの会話と混線するなどということは
全く有りません。

17時半になると、会社帰りのサラリーマン風の男や女
やって来て、近くの席で、何とか弁当や何とか定食を食べ出す。

生ビールでも飲みますか?」
「そうですね。あれっ!ジョッキなのに安いですね」
「おお~そうだよねえ。これが下町値段という奴かもね」

「じゃあ、まずは乾杯!」 「乾杯!」

まあ飲みだすと、そう簡単に終わらなくなるのは常の話。

つまみでも貰いますか」 「そうしましょう」
300円とは良いねえ~」 「ですねえ~ ^ ^」

彼との話題は、湯水の如く湧いてきます。
飲まない人が見たら、「よくもまあ、次から次に・・・」 と思う
かも知れませんが、「あはははは」 「うふふふふ」 の連続。

「さあて、何時かなあ~」 と時計を見ると、何と9時半
「ありゃあ、こんな時間だね。そろそろ帰らないと・・・」
「ですねえ~ 6時間半ですか・・・」
「だよねえ~ 飲むと時間の進みが、やたら早くなるよね」
「じゃあ、仕上げにラーメンを食べますか」
「そうですね。甘い物も好きですから・・・」
「そうか。ラーメンにはみつ豆が付くんだった」

さんと同様、実は私も甘い物も好物なんですよねえ~ good

食べ終わってみると、10時前
「それじゃあ、さん、頑張ってね」
「はい、今日は本当にありがとうございました」

外に出ると、みぞれ混じりの雨
「いや~寒い!さん、気を付けて帰ってね」
「はい、さんも気を付けて帰ってください」 「うんうん」

彼の再出発の成功を祈りながら、帰途に着いたのでした。

2010.2.17 記

--------------------------------------------------
100210

よしくんカフェバーに行き、ホセさんと3人で会話中。

実は、よしくんがセカンドライフに誕生した日は2月16日
彼が楽しめる環境ができて、本当に良かったです。

100210_3

ホセさんが居なくなり、ルナさんが登場しまました。
そこでひとしきり、また誕生祝いを・・・

そもそも、よしくん筋ジストロジーに負けず頑張ってる)
を紹介してくれたのは、ルナさんでした。

よしくん誕生日おめでとう! これからもSLで楽しんでね」
「はい、うんと楽しみます ^ ^」







| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCの災難・・・

昨日のブログが書けませんでした。

理由は、朝PCを開けようとしたら、セキュリティソフト
押し売り画面が出て、それが全ての操作を出来なくしてしまう
という現象に陥ったからです。

「あなたのPCセッキュリティホール数個見付かりました。
 だからこのソフトを買ってダウンロードしなさい」 と、まあ
そんな感じの文面が出て来てにっちもさっちも・・・

価格は75USドル
「仕方がない。買うしかないかあ~」 と思ったのですが、買うには、
クレジットカードの番号個人情報を記入せよ、と。

「あららら、こりゃあダメだあ~・・・」

私はクレジットカードを、かなり前にやめています。
なので、そもそも買えないのです。

ところが、その画面には出口がないのです
つまり 「EXIT」 とか 「」 がなく、「とにかく買え!」 の
一点張り・・・

再起動しようが、またも同じ画面が出て来て、メールWord
何もかも全く動きません。

「うーん・・・これはまいった・・・どうしようもないよなあ・・・」

もはや私の手に負える範疇を、完全に越えてしまっています。

「今なん時?8時半かあ~・・・君、起きてないだろうなあ~」

君とは、先月21日に、私の作業場の近くに引っ越してきた
若い男(26歳)のことです。

彼は自らPCを組み立てたり、サーバ構築をしたり、ネット周りの
サポートなどを業としてやって来ているので、ものすごく詳しく
助っ人として、最も相応しい人なのです。

しかし・・・ 彼は現在、失業保険を貰いながら、のんびりとした
暮らしを楽しんでいます。

そうでなくても、彼の寝坊癖はすごい。
前にも、なるべく遅い方が良かろうと12時半に待ち合わせした
のに、1時間も待ちぼうけを食わされたなんてことも。

勿論、本人に悪げが有ろうはずはないので、「うーん・・・参った
男だなあ~」 と苦笑するばかりでした。

そんな彼が8時半なんかに起きているはずはありません。

しかしPCが動いてくれないことには、何の仕事も出来ません。

とにかく携帯からメールして置くことにしました。、
「起きたら、すぐ連絡下さい。PCが動かないので助けて欲しい」

そして9時9時30分10時10時30分
と、彼の携帯電話を鳴らしました。が、いずれも留守電・・・

「うーん・・・やっぱりダメかあ~ でもなあ、今日は雨で寒いし、
 家に居るはずなんだがなあ~」

もうすぐ12時という時点で、また携帯に電話
すがる気持ちとは、まさにこういうことですねえ。
だが、やっぱりダメ・・・

諦めかけた12時過ぎ。
私の携帯に電話が・・・

「おお~君、起きたんだね~ happy01」 「は~い、起きました」

「ははははは、今朝、メールしたんだけど読んでくれた?」
「ええ、読みました」
「そういうことで、すごく困ってます。助けてよお~」
「はい、じゃあ、なるべく早く行くようにしま~す」
「ありがとう!! 待ってるねえ~」

「フー・・・ 居てくれたかあ・・・」 と、胸を撫で下ろす私。

彼が来てくれれば、もはや直ったも同然。

何しろ、彼と交信でき、来て貰う。
それが何よりも肝心なのですから・・・

30、40分も過ぎた頃、

「トントントン」 「は~い、どうぞ入ってえ~」
「今日はメチャクチャ寒いですねえ~」
「うんうん、そんな時に本当に悪いなあ~」 「いえいえ」

君は、実に気の良い男で、私とものすごく歳が離れている
のに、妙に気が合うのです。

「ダメですよ。変なものをクリックしたりしては!」
「そうだよなあ~でもさあグーグルからのメールだって書いて
 いたから、信用してしまったんだよなあ~」

友人たちに、
「訳の分からないものは、決してクリックしてはダメだよ」 と、
常から言っていた私が、ついつい引っ掛かってしまったのです。

君も私のPCの症状を見て、
「なるほどぉ~、これじゃあ、さんではどうしようもないですね」

セーフティモードにしないと」 と、彼は実に鮮やかな手さばきで
瞬く間に、原因を突き止め、

2月8日にシステムを戻しますか?」
「うんうん、そうだね」

それから、彼は 「裏で動くプログラムで使っていないのを無効に
 すると、少しは早くなりますから、それもやりましょう」 と。

彼にすると、私のPCに起きた問題なんて、まさに朝飯前の
ささやかな話だったんですよねえ~・・・ catface

「いや~ありがとう!本当に助かったよ。昼飯はまだだよね」
「ええ、勿論です。さっき起きたばかりなんですから」
「あははははは、そうだよなあ~朝飯も食ってないんだなあ~」
「そうですよ。くっくっくっく」 (彼の笑いは、いつもそうなんです)

「どこが良いかなあ~あそこのファミレスにしようか」
「ああ~いいです~~」

実はどこで食べるかなんて、あまり考えても仕方がなかったのです。
冷たい雨の中で近くのレストランにとなると、そこしかないからです。

しかも彼は今風の若者なので、古ぼけた昼飯定食屋なんか
全く好みません。

彼とは、セカンドライフで誰かとキャットキャンプする時みたいに
何かの話題を出しては、そのことに20分。また別の話題を出しては
20分、という具合に、様々な話題で談笑を続けました。

「そういえば、今年バレンタイン銀座に行ったの?」
「ええ、行きましたよお~でも今年は少し抑えました」
「ふ~ん、で、幾ら買ったの?」
7000円です」 「ええ~!7000円も!」
「はい、でもいつもの年には、1万円から2万円は買いますよ。
  くっくっくっくっく」 「・・・」

彼の大いなる趣味は、バレンタインデー銀座に行って、
超高級チョコレートを買い、その味をじっくり味わう、とまあ
私には、到底考えられない贅沢をやるんですよねえ~ gawk

彼はお酒を全く飲まない、超甘党・・・なのです。
そういう意味では、年に一度の贅沢は、彼に取って良いストレス
解消になっているのかも知れません。

まさに人生色々、男も色々、という訳ですねえ~

チョコレートドイツフランスベルギーなどのものが
非常に美味いという、彼のご高説。

私は、ただただニコニコしながら聞くのみ。だははははは

部屋に戻って、メールをチェックし、返事を書いたりしなければ、と
少しは気にはなっていましたが、PCを回復させてくれた恩人の
彼への接待の方が、この場合、極めて大事。 happy01

君が近くに来てくれたのは、神様の思し召しだったのかも・・・」
「ははははは、そうなんですかねえ~」

それにしても、彼のような若い人との会話って、実に若返ります。
これも世代を越えるが常識のセカンドライフ効果でしょうね。

それに彼は、ものすごく頼りになります。

良き友を持つ」 ということに、世代なんて関係ない。
そう強くつよく思いましたねえ~ ホント!!

さんって、それにしても元気ですねえ~いつも・・・ くっくっく」
「あははははは、それはありがとう!!」

2010.2.15 記

----------------------------------------------------
アトランタSIMにて

100210_3_010

真ん中に水槽が有り、ドーム状のトンネルが四方に・・・

その一つを通ってみると

100210_3_008

海底で泳ぐ魚たちが見えるんですねえ~

「ん?・・・」

100210_011

「人魚も居るかあ~」 でしたねえ~











| | コメント (0) | トラックバック (1)

荒川区の事件の推移

夜中に雪になるとの予報に、朝起きて外をみたのですが、
雪はどこにもなく、どんよりとした雲のはっきりしない霧雨。

傘を差して自転車にまたがり、危なっかしい運転で駅に向う。
それでも荒川区という所は、裏道が沢山有り、人混みを避けて
走る手は幾らでも有るんです。

まあ荒川区は、それだけ下町中の下町ということですか。

私は荒川警察署から何か区内で事件が発生すると、
その情報携帯で受け取る形にしています。

その情報を貰うようにしたのは、2006年5月からです。
なので、かれこれ4年近く、荒川区内で起きた事件の数々を
知るところとなりました。

その頃、特に多かった事件は、「振込め詐欺」 と 「空き巣」。
それにちょっと凶悪な「窃盗事件」 も少々。

そこで区役所広報車が区内の路地裏の道の果てまで、
振込め詐欺に注意しましょう。空き巣窃盗は近所の人も
 協力して撲滅しましょう」 と言って回った結果、激減しました。

代わって、この2年以内で多発している事件は、自転車ドロ
引ったくり痴漢行為

そこで、広報車は 「ほんのちょっとだからとカギを掛けないで
 自転車を置くのはやめましょう。
 引ったくりに注意しましょう。自転車の荷物 かごはカバーで
 覆い、歩きの人は手提げを道路と反対側に持ち、なるべく
 暗い道は避けてください」 と回っています。

良くも悪くも、下町の特徴は、近所同士で見張ってるというか
関心を持っているというか、
そういう感じなのです。

それが重大事件の数を減らしたのだと、私は見ています。

ただ最近は、アパートマンションなどの集合住宅が多くなって
来ているので、さすがにそこまでは目が行きません。

そのせいで、せこい自転車ドロ引ったくり痴漢行為を多く
しているとも思えませんが・・・


先日、小川町に居た時の若い社員が、から近くに引っ越して
来ました。

実は、彼がでは不便なので、どこかに引っ越したいと言うので

荒川区は良いよお~みんなが思うより、ずっと暮らし易いよ」

と勧めたら、「引越し先を決めました」 と突然、言って来たのです。

「どこにしたの?」 「荒川区です」
「おお~荒川区にしたのかあ~それはそれは、で、どの辺?」
「最寄の駅は、日比谷線の南千住です」
「そうかあ~じゃあ、今度、昼飯でも一緒にしようか」 「はい」

つい先日、彼と会って行ってみると、確かに南千住駅から、
わずか4、5分
ところが蓋を開けてみたら、台東区だったんですよねえ~

「そうか。ここは台東区なんだね」 「そうだったんですよ」
「こんなに近いのになあ~・・・」 「ですよねえ~」

あははははは、まあこういうことも有る、ということです。

2010.2.12 記

-------------------------------------------------
100205

福岡ラーメン屋台キャンプ中。そこに可愛い子が・・・

100205_2

リナさん、鍋の中に・・・ ははははは






















| | コメント (0) | トラックバック (1)

「海洋博物館」がオープン

いつ頃だったか、
さいさんって、SLだけじゃなくリアルのことも書くんだね」 に

「そうそう~SLの中でのビジネスは、僕には向かないからね。
 SLと関連したものや、まあどうしてもリアルの話を書きたくなる
 時も有るしね・・・はははは、良い加減ですよ」 と答えたものです。

実際、私はセカンドライフブログに、実に様々なことを書いて
来ました。

セカンドライフだけでは話題が続かない、ということでは有りません。
何となく、自己主張したい時も人には有るではありませんか。
あははははは、分かってくださいな。


ということで本日は、セカンドライフ内で幾つか新たに始まっている
中の 「海洋博物館」 の話を書くことにしました。

場所は 「Second Earth 3」 というSIMの中に有ります。

この 「Second earth」 と付くSIMは、1~9 まで有るのですが
所有者は、アメリカ海洋大気庁 (NOAA) なんですよねえ~ happy01

THE ABYSS OBSERVATORY (アビス海文台) 」 という名前
の「海洋博物館」 を探すのに、いささか考えました。

Second Earthは不思議なことに、という番号は有りません。
結局8つ。しかし8つも有るんです。

「さて・・・どうやって探そうか」 と、世界地図から、Second Eearth
と付くSIMをじっと眺めました。

100210secondearth

上の写真がSIM群のイメージです。

そして緑一色Second Earth 3テレポートしてみるかと。
実は見事に大正解でした!!

「どうして分かったのか?」 ですって!
あははははは、勘ですよ。つまりあのドタ勘という奴です。good

テレポートして下りた所は、

100210second_earth_3_001

こんな所でした。「ん?なんだ、これは?」

どうやら潜水艦風。少し船上を歩いて

100210second_earth_3_002

もしかしたら、操縦席に座れるかも、とやったら、こんな所に
座ってしまいました。

なので、諦めて大きな船の方に・・・

100210second_earth_3_012

NOAA、つまりアメリカ海洋大気庁の船でした。
それにしても素晴らしい船ですよねえ~

近くにまっ黄色の船らしきものが有ったので、「座る」 を・・・ 

100210second_earth_3_015

すると、半分浸水している船内に入ってしまいました。
出口は見当たりません。

どうすれば外に出られるのか?

こういう場合は、決して慌てないことです。
地図から別の場所を選んでテレポートしてみるんです。

すると、

100210second_earth_3_016

ほらね。ちゃんと脱出できるんです。

ところで、ここは? 何か書いて有るぞ・・・

100210second_earth_3_017nec

「ええ~なんと!なんと!」
そうなんです。
NECスパコン地球シュミレータ)が有ったのです。

そういえば、このSIMの案内板には、英語の他に、日本語が併記
されているのが多いんですよねえ~

そういう意味では、ものすごく親近感を感じます。

例えば、こっちの案内板ですが

100210second_earth_3_021 

ほらね。これなら私達には、すごく分かりやすいでしょ!

ちょっと海底も見てみますか・・・

100210second_earth_3_019

鯨とシャチが出迎えてくれました。happy01

振り向くと

100210second_earth_3_020

色鮮やかな海草。そして話題のマグロも・・・

短時間では、とても全部は見切れません。
ぜひ皆さんも行ってみて下さいね。

そうそう、NECスパコンが有ったのは、いたく感激でした。

世界1位じゃなく、世界2位じゃダメなんですか

などと、素人お姉ちゃんが茶色っぽい声を張り上げてくれたから
日本スパコン界が色めき立って、お陰で有名になったでは
ありませんか。

だははははは・・・

2010.2.10 記

---------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浸透しない社名・・・

本日は昨日までと打って変わって、気温が上がり、まさに
感じさせる陽気になりました。

これは実に有り難いことですねえ~ happy01

ただ夕方から雨になるというのは、私に取っては受難・・・ bearing
自宅から駅まで自転車で通っているからです。


ところで本日は、昨日キーウェア・ソリューションズ㈱ (東証2部)
の関連会社の取締役を訪問した時の話を書きます。

キーウェア・ソリューションズ㈱は、極めて歴史が有るSI企業
以前の社名は日本電子開発㈱ (通称NED)でした。

同社の創業者、故松尾三郎さんという方は、電電公社(現NTT)の
出身で、日本電気NEC) との関連深く、日本のコンピュータの
黎明期に独立した、コンピュータ業界のまさに草分け的な存在。

私が同社を初めて訪問したのは、35年も前のことです。
その時、対応してくれた方は、現会長八反田さんでした。

以来、NED即ち、日本電子開発という社名と、松尾さんの名前、
そして八反田さんは、私の脳裏に深く刻まれることになったのです。

昨日お会いしたさんと知り合ったのは、遥か後のことで、それでも
17、8年は経つでしょうか。

そうした経緯ですから、NECの資本は現在でも35%以上も入って
いて、売上に占めるNEC系の割合は、非常に大きいという訳です。

その日本電子開発が、突然、現在のキーウェア・ソリューションズ
に変ったのは、2001年1月でした。

実は、社名が変わったことを、私が知ったのは、1年以上も後の
ことだったのです。

まあ私の所みたいに小さな会社は、通常、取引するSI会社の数が
限られます。
総花的にお付き合いすることは、むしろマイナスになってしまう。

そんなことで、同社とは暫くの間、疎遠になっていたのです。

キーウェアねえ・・・いつ頃できた会社なのかな?」 と、
まるで頭の中で繫がらなかった記憶が有ります。

昨日、取締役さんが、嘆いたのはそのことでした。

NECを訪問して、何人かの担当部長に 「キーウェアです」 と
 言うと、「ふーん・・・」 と反応悪いんですよ。そこで仕方なく
 「元の名前はNEDですが」 と言った途端、「なあんだ。NEDかあ」
 と、急に親しげな表情に変わるんです」

「なるほど~そういうものかもねえ~」 と私。

「こんなに新しい名前が浸透しないなんて、おかしいですよねえ」

「そうだねえ。もう9年も経っているんだしねえ~」

「そうですよ。NEC本社の入口かなんかに、社名はこうなったと
 張り紙を出したい気分になってしまいますよ」

「あはははは、そうだよね。そうすれば良いじゃないですか」

35%以上も出資している会社の主だった人達に、未だに社名を
 覚えて貰えないなんて、なんかすごく寂しいものですよ」

「うんうん、確かに・・・」

正直、私もすぐにピンと来るのは、前の社名なんです。
しかしこれほどに、新社名が浸透しないなんて、そうざらには
ないと、妙に感心してしまいましたねえ~

そんな談笑をした後で、さんにセカンドライフをしぶとくやって
いて、ブログも書いていると言ったら、これがまた面白い反応が
帰ってきました。

「そうなんです。いつ芽が出るか分からないから、とにかく継続が
 一番大事だと思いますよ。うちの会社は新規なものをやるのは
 早いんだけど、ダメだとすぐ止めてしまうんです。
 だから後になって、その技術が定着しだしても人が居ない。
 これじゃあ、どうにもなりません」

「ははははは、まあしかし多くの所はそうなんじゃないですか」

彼に 3D映画アバター」 の話をしたら、「ああ~私も観ましたよ」
「勿論、3D映画館で」 に、私も思わずニコッ!!

彼はなかなかに優秀な男、なんですよねえ~ confident
いずれ飲みながら、色んな話がしたくなる、そんな人なのです。

2010.2.9 記

---------------------------------------------------
100208_001

Muuというゾーンキャンプさせて放置中。
「ん? 誰か女性が私の隣りに座ってる。誰かな?」

100208

ズームすると、まささんでした。
「おお~まささんだあ・・・」 happy01 gawk lovely

こういうのって、ものすごく嬉しいものなんです。
分かるでしょ! 私も男だから・・・ あははははは

彼女はOL。リアルがやたら忙しい人なので、この時も
私の隣りに座らせて放置中でした。

かなり後で、席に戻った彼女から発せられた言葉。

それは 「さいさん、健康に気を付けてね。心配だから・・・」

これぞ、出来る女の一言!
思わず 「うん、ありがとう~ ^ ^」 と、落ちそうになる涙・・・

「会えぬのに  逢える嬉しさ  セカンドライフ」

(会う、と、逢う、は微妙に違う。私はそう思っています) catface

| | コメント (0) | トラックバック (1)

米エネルギー省の「Energy」 SIM

今日から3月半ばの陽気になると、天気予報が何度も報じていた
ので、期待して起きたのですが、朝の冷気はやっぱりきつい。

2月一年で一番寒い時期と、昔から決まっています。
まあしばらくの間は、三寒四温でしょうね。


ところで、アメリカエネルギー保障核安全保障を担当する
エネルギー省が、セカンドライフ内に 「EnergySIMをオープン
したと報じられていました。

米国のみならず、石油燃料に代わるバイオ燃料や核エネルギー
さらには、太陽熱、太陽光、風力と云ったクリーンエネルギーに
対する研究・開発・利用は、喫緊の課題として先進国では、
どこも懸命に取り組んでいます。

米エネルギー省は、それらに関して民間企業補助金を付けて
強力に推進しはじめています。

セカンドライフの中に、「EnergySIM を作り、エネルギー省
取組みをパネル動画の形で紹介し、イベント会場も作って
今後カンファレンスも行うとのこと。

こうした試みは、日本と較べて、圧倒的に多い米国ならではの、
セカンドライフ人口なればこそ、成立する話なんですねえ~

日々セカンドライフに居る私なんかには、欧米人大らかさ
開放性が、実に羨ましくてたまりません。

儲かるならやる、儲からないならやらない。
それだけじゃあねえ~・・・

「そのせこさがないから失敗したんだろ!」 と言われると・・・
うーん・・・ 確かに返す言葉はないんですがね。happy02

まあともかく、その 「EnergySIM に行ってみますか。

100208energy_003

SIMアドレスは、Energy(130,141,46) です。
こんな所に着きました。

見ると、

100208energy

すぐ近くにちょっと意味不明な物が有って、正面にテレポート
矢印が・・・

100208energy_005

クリックすると、この建物の入口に下り立ちました。
中に入ってみましょうか。

100208energy_007

「なるほどねえ~」 可愛いロボットが迎えてくれました。happy01
主色は、やはりグリーンですよねえ~

100208energy_008

ここでどんなことをやるか、その案内ボードが。「ふむふむ」

右側を見ると、

100208energy_youtube_009

「そうか、ユーチューブで説明動画が見れるのかあ~」
なので、何か一つ映してみることに・・・

100208energy_youtube_013

前段にクリーンエネルギーの仕事をしている人達のインタビュー
が有って、実際に作っている様子が映されました。

「良いねえ~・・・」 と思わず呟く。gawk

左方向に歩いてみると、

100208energy__016

原子力発電所に行く案内ボードが有りました。
「どんな感じなのかなあ~」 と

100208energy_019

こんな感じなんですよねえ~
太いパイプが続いています。

100208energy_020

「危険!超ベテラン以外は入ってダメ!」 という標識。
「そうかあ~じゃあ、止めておくか・・・」

100208energy_021 

建物に戻って3階に上がると、カンファレンスの会場
有りました。

100208energy_022

こんな感じの会場なんです。如何にもらしい造り。
なかなか素晴らしいですよねえ~

屋上から外の景色を眺めてみることにしました。

100208energy_023

「向こうのドームみたいなものは何かな?」
「あれえ~何かこっちに来るぞ!ん? モノレール?」

と、急いで階下に下ることに。

100208energy_024

うまく乗ることが出来ました。good happy01

これって、何を動力にして動くのでしょうか。
形からすると、磁力のように思ったのですが・・・

100208energy_025

このエコモノレールSIM内を案内してくれるのです。
上の写真は坂を下りているところ。

100208energy_001

坂を上っているところ。ここを終点にして私は降りました。

残念・・・時間がなくなり、ドームは見学できませんでした。
次回、再度良く見ることにします。

しかしなかなかに素晴らしい所でした。

2010.2.8 記

-------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚かせてくれますねえ・・・

昨日は、おさんを訪問したり、友人と会っていたりで、
セカンドライフに入ることは出来ませんでした。

今日も午後から出かけるのですが、「とにかく・・・」 と、
セカンドライフに入ることに。

当然、分身大吉 (Daikichi) SIM我が家に居るはず。

と、ちょっと他の所に目を移して、ひょいと見ると、「ん?」
まるで見たこともないSIMに飛ばされていたのです。

「あららららら、これどういうこと?」

100205sim

道路に人だかりが出来ていて、その中に私の分身が、まだ
白いもやもやに包まれた形で居ました。

「なんだこれ?」 と、彼らの中から抜け出したのが上の写真。

SIM名を見ると、「Korea3」 ・・・
これには思わずびっくり!!

「ええっ!もしかして北朝鮮!」

「拉致されたのかも知れない・・・」 と思わず、ゾクッ・・・

こういうことって、セカンドライフをやっている人なら、一度や
二度は経験しているでしょうが、意外に驚くものなんですよ。

当然ながら、急いで 「ホームにテレポート」 をクリックしたのですが
あなたの所にはテレポートできません」 というメッセージが出て
ダメ。

なので、いつものキャンプ地テレポートをやっても、やはりダメ。

いよいよ拉致が現実になって来たか、と焦る。

「何としてもここを抜け出さないとなあ~」 と、テレポートを繰り返す。

すると、

100205sim_2

突然、また違うSIMに持って行かれてしまったのです。

「ありゃあ~・・・ また変な所に飛ばされたかあ~」
「ん?なんだって、Second Life Answers・・・ Hot Spots・・・」

どう見ても、ここはさっきのSIM とは雰囲気が違います。

何と云うか、柔らかい雰囲気とでも言いますか、つまり
そんな感じなのです。
なので、少しホッと。

「しかしこれじゃあ、しょうがないよなあ~」 と、さらに
テレポートを押したところ、なんと右上に表示される、私の
所持金が表示されなくなってしまったのです。

「ええ~!もしかして盗られたの!」
私の驚きと焦りは、最高潮に達していました。

元々色んなキャンプ地で貯めたお金ですから、無くなった
からと云って、騒ぐべきではないのでしょうが、貴重な時間を
使った結果なので、とても愛着が有るんです。

「いや~まいったなあ~」 今やなかば諦めの気分。

とにかく一旦、PCの電源を切って、少し間を置いて、再度
入ってみることにしました。

「まあ、リンデンメンテ中だと、これと似たようなことが
何度も有ったし・・・」

そして祈る気持ちで、セカンドライフにIN!!

すると・・・
我が分身は、自室のソファに居たんですよねえ~
あははははは

「おお~所持金も元通りだ! 良かったあ~」

そこで、分身をいつものMuuキャンプに行かせることに。

100205

「おはよう~まゆさん」 「さいさん、おはよお~」
すっかり正常に戻っていました。
「ふ~・・・」 と、安堵のため息一つ。

まやのさんもりなさんも居ます。
何事もなかったように、いつものキャンプを開始。

100205_001muu

私は階段の所に座り、彼女達に、さっきの不思議な現象を
語りかけました。

「そうそう、まささんも昨日、そんな所に飛ばされたと言って
 ましたよ」 「ふーん、まささんも~・・・」
「うん、そこってセカンドライフに入りたての人達のための
 SIMみたいだ、と言ってたけど」
「ああ~そうか。言われてみると・・・」

「だから Second Life Answers とか Hot Points だったのかあ」
でしたねえ・・・ あははははは
まあ、あんまり驚かさないでよ。リンデンさん・・・

それにしても、このMuuキャンプは、私を除いてみんな女性
しかもみんな可愛くって素敵。超ミニ水着(?)の子も・・・

楽しいですよねえ~ だははははは

2010.2.5 記

--------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

実に楽しくなるコラム!

私は一日も欠かさず、日本経済新聞を読んでいます。
それも、小さな囲い記事の果てまで眺めるのです。

ですからWeekdayの日は、7時50分ぐらいに喫茶店に入り
コーヒーを飲みながら、9時ぐらいまで新聞を読んで過します。

特に気に入った記事コラムなどが有ると、それを切り抜き
保存する、ということもやります。

昨日の日経新聞に載っていた、逗子というペンネーム
(でしょうねえ~) の人が書いたコラムを読んで、ものすごく
楽しくなりました。

大機 小機」 というコラムで、毎日、人が入れ替わって
掲載されるのです。
このコラムが好きで、それこそじっくり欠かさず読みます。

勿論、逗子さんが書いた昨日のコラムは、切り抜いて大切に
保存しています。

まあ皆さんも読まれた方は多いと思いますが、どんなことが
書かれていたか、それこそざっくり紹介させて貰います。

タイトルは 「グローバル市場最大のサプライズ」 としていて、
書かれていることは、

2010年日本一部上場企業経常利益が大幅に増え、
世界のお荷物とされて来た東京株式市場は一転し、グローバル
市場の中で、今年の株価上昇率トップを記録する、という話も
考えられる。

とまあ、そういうことなんですよねえ~

サプライズとは、「驚き」 とか 「不意打ち」 という意味。

その根底に有る彼 (彼女だっりして) の確信は、新興国ビジネス
予想を遥かに上回る勢いで伸びている、ということなのです。

「ほほ~なるほどなあ~これは有り得るなあ~」

とにかく何よりも、ものすごく明るい気分にさせられたのです。

テレビに良く登場する、先日も貧乏神と揶揄された、森永何とか
さんの 「あの業種もダメ、この業種もメチャクチャ・・・」 などという
のを聞いていたら、布団を被ってふて寝するしか有りません。

実際、私は布団を被って、流れて来る声だけを聞きながら
「なんて奴だ!こんな貧乏神なんかテレビに出すなあ~」 と
何度も叫んでいたんです。

その点、逗子さんの超明るい話は、

「ひょっとしたら私の方にも、何かおこぼれが来てくれるかも・・・」

と、ワクワクさせてくれるんですよねえ。

何でもそうだと思うのですが、「前向きに明るくやろう」 と思うと
結果も、そういう方向に行きやすく、これが 「何もやる気がしない
どうせダメなんだから・・・」 と思ってしまうと、結局はダメのまま。

そういうものだと思うのです。

逗子さんが言うサプライズ。私もそうなると信じます。


そう云えば、私の上の娘は、某ファイナンス会社に勤務している
のですが、今年に入って立て続けに、北京上海香港に飛んで
います。

日本企業中国進出や合弁の話題が多くなっていることは、
新聞テレビ報道で見聞きしてはいましたが、やたら身近な所
にも及んで来たことに、現実感ひしひし、です。

どの顔も 笑顔えがおの 年の暮れ」  (自作、お粗末!)

で、今年の暮れを迎えたいものですねえ~ あははははは

2010.2.4 記

--------------------------------------------------
大田区SIM (METALOTAKU) にて
100126metalotaku_009

シンボルマーク巨大ロボットの頭に乗っているのが私。
見えますかあ~ happy01

100126metalotaku_006

下に下りるとデジアカの人達が作ったと思われる、
立ちソバ屋が・・・

100126metalotaku_003

すぐ傍に売店が有るようです。何を売ってるのかな?

100126metalotaku_002 

ロボットを売っていたんですねえ。少し高いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

twitter(ツィッター) の話

昨夕、(有)ITウェイブ宮下さんから、いつものメルマガ
貰いました。

彼が推進している仕事は、一言で言いますと、
ITを活用した経営を中小企業に奨めるコンサル
ということになるでしょうか。

彼が面白いのは、とにかくどんなものでもやってみる、がベース
になっていることだと思っています。

自らやってみもしないで、分かったようなことを言う人が、
自分で頭の良いと思っている人の中に、実に沢山います。

私はそういう人を、口には出しませんが、決して認めません。
そして 「ああ~こいつその程度かあ~」 と軽く考えるようにします。

宮下さんは、以前、私が 「セカンドライフがどんなものか、ぜひ
やってみてよ」 と言ったら、「そうですね。やってみます」と、
すぐに登録し、私にIMを寄越してくれて、セカンドライフの中で
会ったのです。

その宮下さんから、昨年4月に貰ったメルマガで、暮れのNHK
紅白歌合戦にも登場した、英国スーザン・ボイルさんの歌声は
実に素晴らしいと言って来たのでした。

勿論、すぐ私は彼女オーデションの様子をユーチューブ
何回も聴き、私もいたく感動しました。

まさかNHK紅白に登場するとは、全く思いもしませんでしたが・・・

その宮下さんから昨夕貰ったメルマガのトピックは、今大流行の
twitterツィッター) の話でした。

「おお~ツィッターかあ~ なるほどなあ・・・」

と、改めて彼の素早さと柔軟さに感心したのですが、実は
私には、さして興味の湧かないテーマだったのです。

140文字の範囲で、何をどう伝えるのだろうか。
140文字という制限が有るから、凝縮した文章にできるのだ、と
言うが、それで何が面白いのか、等々・・・

「うーん、よほどの暇人じゃないとなあ~」 みたいな。

しかし、折角、彼がツィッターアドレス登録方法まで記載して
くれたのだ。

「よし!この際、とにかく入ってみることにしよう」 とすぐ登録開始。

名前ユーザー名ねえ~・・・どっちがどっちなんだろう?」

結局、本名名前に入れ、ユーザー名はセカンドライフの我が
分身アバター)の 「saisanbeck」 にしました。

多分、通常はユーザー名で運用されるのだろう、と思ったからです。

登録した途端、「あなたは今何をしていますか?」 と来ました。

右横にツィッターを使っている有名人(全部がそうかは不明)の
名前が有り、鳩山さん(首相) が居たんですよねえ・・・gawk

今、鳩山さんに物申す、という、気分も暇も言うことも有りません。
彼が置かれている困難な状況を思うと、私なんぞが口を出すのは
間違いなく 「百害有って一利なし」 でしょう。 あははははは

なので、「日記を書いています。勿論、PCで」 と書いて終了。

さて、ツィッターとはなんぼのもんや・・・
私の悩ましい問題解決の足しになる?

まさかだろうなあ~ 
まあ、もう少し研究してみるとしようか。

2010.2.3 記

----------------------------------------------------
100202_001
あいかさんと上空チャットキャンプで。

夕闇が迫り、今にも雨の降りそうな中での会話でした。
向こうの二人も頑張ってますねえ~・・・ happy01

100202
あいかさんに招かれて、彼女の店に。

くまさんという人が来てました。
彼はクリエータなんだそうで、「では作りに行きます」 と
この後すぐに、どこかに消えていったのです。















| | コメント (0) | トラックバック (1)

本格的な囲碁対局

anyone GO?」 のIMを見て、「うーん やりたいけどなあ~」

しかし作業の途中。すぐに要望に応えることは出来ません。
30分ほどで、その作業を終わらせ、とにかく行ってみることに。

テレポート英国囲碁センターに到着すると、男女が対局して
いて盤面を見ると、ほぼ終了状態でした。
13路盤での対局だった関係で、どうやら早く終わったのでしょう。

彼らのチャットの内容から、何となく分かったことは、彼は彼女の
先生役らしく、「ここが問題だった」 とか指摘していたところでした。

hello」 と声を掛けると、「さいさん、こっち」 という風に男性が立ち
私に席を譲ってくれました。

すでに私のことは、人づてに聞いていたらしく、彼女黒石4個
(つまり4子) 置き、13路盤での対局が開始されました。

結局、その碁は私の大勝で終わったのですが、傍で見ていた彼が
「では私が」 と座り、彼が黒番互先 (対等) でスタートした
のです。

私は囲碁将棋などの対局が始まると、盤面に集中するタチなの
で、相手の顔を見るなんて、まずしません。

なので、その時も彼がどんなスタイルをしているのか、どこの
人なのか、などということは全く眼中になく、ひたすら読みに徹して
しまい、スナップ写真を撮ることも忘れていました。

「あっ そうだった!」 と気がついた時には、局面は終局間近の時
でした。

100125go_001











ほらね。もうこんなに埋まっているでしょ!

実は、なぜ私が写真を撮ることに気がついたかと言うと、
私の勝ちが確信できたからなんです。

彼はなかなか強く、日本評価基準なら四、五段クラスなの
では・・・

この写真には写っていませんが、互いに取った石数が、
双方に表示されています。

その石数は私の方が5つ多かったのです。

そうなると、対局風景を見るゆとりも生まれます。

100125go_002











こんな感じ。さっきの女性も熱心に眺めていました。

そして終局

100125go_001_2











これが終局図です。

「終わりですね」 と伝え、彼も 「終わりです」 までは良かった
のですが、終わらせ方をど忘れしてしまったのです

つまりこのシステムに対して終わったことを宣言し、
コンピュータにそれぞれの地所自動計算して
貰わなければなりません。

なのに、それを忘れた私は 「end」 と叩いては
「ん?おかしいなあ・・・」

しびれを切らした彼は、「何をしてるんですか」 みたいなことを
言って来る。
「終わらせ方が・・・」 と、彼に必死にブロークン英語で訴える。

すると、やっと気がついてくれた彼は、「pass」 と。
「おお~そうだった!」 と急いで 「pass」 と入れると、彼は「done
「そそそそ、endじやなくてdoneだよなあ~」 と慌てて 「done」 。

何やら、彼は私が終局に仕方について忘れたことを、皮肉った
ようなそんな発言をしていたみたいですが、英語が不得手な
私には、そんな言葉は痛くも痒くもないんですねえ~
喜んで良いのか、悪いのか・・・  あははははは

結局、コンピュータ計算の結果、私の16目半勝ちでした。
(互先なので、6目半のコミが有るからです)

100125go_004











彼が立ち上がったので、私も立ち上がり、またまたブロークン
英語
を駆使して、「君は強い。すごく楽しかったよ」 と伝えると、
彼から発せられた言葉は、私の予想を覆したものでした。

曰く 「私は実に悔しい。全然、面白くなかった。ものすごく疲れた」
そしてさらに 「悔しくて眠れない」  だははははは


囲碁は、今や世界的なゲームになっています。
ここの囲碁センターもそうですが、世界のほとんどが日本ルール
に沿った形になっているので、言葉なんて全く不要なのです。

ただスタートエンドコンピュータに知らせる時の言葉(指令)
は話が別なので、ちゃんと記憶しておく必要が有るんです。

きっと彼は、また対局しようと言って来るかも知れません。
うまく時間が合えば、また対戦したい相手です。

しかし・・・
同じぐらいの棋力日本人同士での対局も欲しいですねえ。
それなら、さらに盛り上がるんですがねえ・・・

2010.2.2 記

---------------------------------------------------

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Diakichi (大吉)SIMのの新年会

我が大吉SIM10区画に区切られていて、それらを10社()
が使うという形にしています。

昨年、 3社() が抜け、新たに3社() が加わりました。

そこで新たなメンバーの紹介を兼ねて、リアルで集まっての
新年会を、先週の28日に開催しました。

実に遅い新年会ではありますが・・・ confident

何しろバーチャルが基本のセカンドライフなのに、リアル
集まって貰おうというわけです。

これが有るので、新たにメンバーに加わって貰う人達は、
都内近郊の人に限るという前提で打診したのでした。

その結果、最も遠い人はホセさんで、高崎市からの加入となり
他のお二人都内という形で落着しました。

新年会を企画した時には、10人全員が揃うものと思っていました。
ところが開催日が近づくほどに、不都合な人が出て来てしまい
実際の参加者は、6人だったのです。

まあこの不景気ですし、人間ドックの日に当ってしまったという方も
出て、2日前に「7人に訂正して下さい」 とに伝えたのですが・・・

ところが、前日の夜になって、「出席できそうにありません」 と
社長に言われ、ガクッ!・・・

料理キャンセルが利くのは、前々日と言ったのにぃ~」 pout
「とにかくしょうがないなあ~」 でしたねえ。

まあ要するに、事ほど左様に大変な時代ということですよ。

18時新加入者ホセさんとmoo (むー) さんと、Densche
(伝助)さんと4人が揃いました。

メモさんは大学講師業が終わってからだと思うから、7時頃
 なりそうだし、オーナーの三木さんも、さっきお客さんの所を出る
 のが遅くなって30分ぐらい遅れると言って来たから、始める
 ことにしましょうか」 と、会長の私が開始を宣言。

まずはビールで乾杯した後、初めて会う人達同士の自己紹介。
次々と料理が運ばれて来たのですが、誰もなかなか食べない。

なので、私が率先して取り皿に取って配る。
まあ初めての人が入ると、大概そんなものでしょう。

そうこうしている内に、三木さんに続いてメモさんも登場し全員
揃ったのでした。

みんなで話した内容は、当然ながらセカンドライフの話が中心。

新たに加わってくれた方々は、とにかくセカンドライフが縁で
知り合えた人達です。

元々そうなることを望んで来た私には、実に納得の話。

「そうだよなあ~ こういうセカンドライフが縁の交流の輪は、
 我々だけじゃなく、きっと世界中で発生しているだろうなあ~」

と、大声で談笑し合っているみんなを見ながら、満面の笑みで
何度も相づちを打ちつゝ、呟いていたのでした。

人の縁とは、「実に異なもの」 とは良く聞く話です。
まさにその通りですよねえ・・・

もし私がセカンドライフをやっていなかったら、ごくごく限られた人
だけとの交流を、今も続けていたに違いありません。

年代地域を越え、いやいや人種さえも超えての交流の輪
広がっているんです。

8時半過ぎにお開きになったので、ホセさんを見送り、多忙の中
駆けつけてくれた、mooさんとメモさんと三木さんを見送って、
残った伝助さんに、
「ちょこっと二人2次会やろうか」 「ああ~はい ^ ^」

楽しい夜でしたねえ。皆さん、ありがとうございました!


翌日、「anyone GO?」 と、英国囲碁センターに誘う外人さん
から会員に宛てたIMが・・・

続きは次回に。

2010.2.1 記

--------------------------------------------------
100128cafe_006
あいかさん、居るかなあ~」 と彼女の店の玄関先テレポートしたところです。

庭に緑色のサーチライト二つグルッ回っていました。
「ほほ~ダンス場を作ったのかな?」

結局、あいかさんは留守だったので出直すことに・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »