« 浸透しない社名・・・ | トップページ | 荒川区の事件の推移 »

「海洋博物館」がオープン

いつ頃だったか、
さいさんって、SLだけじゃなくリアルのことも書くんだね」 に

「そうそう~SLの中でのビジネスは、僕には向かないからね。
 SLと関連したものや、まあどうしてもリアルの話を書きたくなる
 時も有るしね・・・はははは、良い加減ですよ」 と答えたものです。

実際、私はセカンドライフブログに、実に様々なことを書いて
来ました。

セカンドライフだけでは話題が続かない、ということでは有りません。
何となく、自己主張したい時も人には有るではありませんか。
あははははは、分かってくださいな。


ということで本日は、セカンドライフ内で幾つか新たに始まっている
中の 「海洋博物館」 の話を書くことにしました。

場所は 「Second Earth 3」 というSIMの中に有ります。

この 「Second earth」 と付くSIMは、1~9 まで有るのですが
所有者は、アメリカ海洋大気庁 (NOAA) なんですよねえ~ happy01

THE ABYSS OBSERVATORY (アビス海文台) 」 という名前
の「海洋博物館」 を探すのに、いささか考えました。

Second Earthは不思議なことに、という番号は有りません。
結局8つ。しかし8つも有るんです。

「さて・・・どうやって探そうか」 と、世界地図から、Second Eearth
と付くSIMをじっと眺めました。

100210secondearth

上の写真がSIM群のイメージです。

そして緑一色Second Earth 3テレポートしてみるかと。
実は見事に大正解でした!!

「どうして分かったのか?」 ですって!
あははははは、勘ですよ。つまりあのドタ勘という奴です。good

テレポートして下りた所は、

100210second_earth_3_001

こんな所でした。「ん?なんだ、これは?」

どうやら潜水艦風。少し船上を歩いて

100210second_earth_3_002

もしかしたら、操縦席に座れるかも、とやったら、こんな所に
座ってしまいました。

なので、諦めて大きな船の方に・・・

100210second_earth_3_012

NOAA、つまりアメリカ海洋大気庁の船でした。
それにしても素晴らしい船ですよねえ~

近くにまっ黄色の船らしきものが有ったので、「座る」 を・・・ 

100210second_earth_3_015

すると、半分浸水している船内に入ってしまいました。
出口は見当たりません。

どうすれば外に出られるのか?

こういう場合は、決して慌てないことです。
地図から別の場所を選んでテレポートしてみるんです。

すると、

100210second_earth_3_016

ほらね。ちゃんと脱出できるんです。

ところで、ここは? 何か書いて有るぞ・・・

100210second_earth_3_017nec

「ええ~なんと!なんと!」
そうなんです。
NECスパコン地球シュミレータ)が有ったのです。

そういえば、このSIMの案内板には、英語の他に、日本語が併記
されているのが多いんですよねえ~

そういう意味では、ものすごく親近感を感じます。

例えば、こっちの案内板ですが

100210second_earth_3_021 

ほらね。これなら私達には、すごく分かりやすいでしょ!

ちょっと海底も見てみますか・・・

100210second_earth_3_019

鯨とシャチが出迎えてくれました。happy01

振り向くと

100210second_earth_3_020

色鮮やかな海草。そして話題のマグロも・・・

短時間では、とても全部は見切れません。
ぜひ皆さんも行ってみて下さいね。

そうそう、NECスパコンが有ったのは、いたく感激でした。

世界1位じゃなく、世界2位じゃダメなんですか

などと、素人お姉ちゃんが茶色っぽい声を張り上げてくれたから
日本スパコン界が色めき立って、お陰で有名になったでは
ありませんか。

だははははは・・・

2010.2.10 記

---------------------------------------------------

|

« 浸透しない社名・・・ | トップページ | 荒川区の事件の推移 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436040/33320009

この記事へのトラックバック一覧です: 「海洋博物館」がオープン:

« 浸透しない社名・・・ | トップページ | 荒川区の事件の推移 »