« 実に楽しくなるコラム! | トップページ | 米エネルギー省の「Energy」 SIM »

驚かせてくれますねえ・・・

昨日は、おさんを訪問したり、友人と会っていたりで、
セカンドライフに入ることは出来ませんでした。

今日も午後から出かけるのですが、「とにかく・・・」 と、
セカンドライフに入ることに。

当然、分身大吉 (Daikichi) SIM我が家に居るはず。

と、ちょっと他の所に目を移して、ひょいと見ると、「ん?」
まるで見たこともないSIMに飛ばされていたのです。

「あららららら、これどういうこと?」

100205sim

道路に人だかりが出来ていて、その中に私の分身が、まだ
白いもやもやに包まれた形で居ました。

「なんだこれ?」 と、彼らの中から抜け出したのが上の写真。

SIM名を見ると、「Korea3」 ・・・
これには思わずびっくり!!

「ええっ!もしかして北朝鮮!」

「拉致されたのかも知れない・・・」 と思わず、ゾクッ・・・

こういうことって、セカンドライフをやっている人なら、一度や
二度は経験しているでしょうが、意外に驚くものなんですよ。

当然ながら、急いで 「ホームにテレポート」 をクリックしたのですが
あなたの所にはテレポートできません」 というメッセージが出て
ダメ。

なので、いつものキャンプ地テレポートをやっても、やはりダメ。

いよいよ拉致が現実になって来たか、と焦る。

「何としてもここを抜け出さないとなあ~」 と、テレポートを繰り返す。

すると、

100205sim_2

突然、また違うSIMに持って行かれてしまったのです。

「ありゃあ~・・・ また変な所に飛ばされたかあ~」
「ん?なんだって、Second Life Answers・・・ Hot Spots・・・」

どう見ても、ここはさっきのSIM とは雰囲気が違います。

何と云うか、柔らかい雰囲気とでも言いますか、つまり
そんな感じなのです。
なので、少しホッと。

「しかしこれじゃあ、しょうがないよなあ~」 と、さらに
テレポートを押したところ、なんと右上に表示される、私の
所持金が表示されなくなってしまったのです。

「ええ~!もしかして盗られたの!」
私の驚きと焦りは、最高潮に達していました。

元々色んなキャンプ地で貯めたお金ですから、無くなった
からと云って、騒ぐべきではないのでしょうが、貴重な時間を
使った結果なので、とても愛着が有るんです。

「いや~まいったなあ~」 今やなかば諦めの気分。

とにかく一旦、PCの電源を切って、少し間を置いて、再度
入ってみることにしました。

「まあ、リンデンメンテ中だと、これと似たようなことが
何度も有ったし・・・」

そして祈る気持ちで、セカンドライフにIN!!

すると・・・
我が分身は、自室のソファに居たんですよねえ~
あははははは

「おお~所持金も元通りだ! 良かったあ~」

そこで、分身をいつものMuuキャンプに行かせることに。

100205

「おはよう~まゆさん」 「さいさん、おはよお~」
すっかり正常に戻っていました。
「ふ~・・・」 と、安堵のため息一つ。

まやのさんもりなさんも居ます。
何事もなかったように、いつものキャンプを開始。

100205_001muu

私は階段の所に座り、彼女達に、さっきの不思議な現象を
語りかけました。

「そうそう、まささんも昨日、そんな所に飛ばされたと言って
 ましたよ」 「ふーん、まささんも~・・・」
「うん、そこってセカンドライフに入りたての人達のための
 SIMみたいだ、と言ってたけど」
「ああ~そうか。言われてみると・・・」

「だから Second Life Answers とか Hot Points だったのかあ」
でしたねえ・・・ あははははは
まあ、あんまり驚かさないでよ。リンデンさん・・・

それにしても、このMuuキャンプは、私を除いてみんな女性
しかもみんな可愛くって素敵。超ミニ水着(?)の子も・・・

楽しいですよねえ~ だははははは

2010.2.5 記

--------------------------------------------------

|

« 実に楽しくなるコラム! | トップページ | 米エネルギー省の「Energy」 SIM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436040/33257279

この記事へのトラックバック一覧です: 驚かせてくれますねえ・・・:

» 蒼海の 「追いつき追い越せ 1」 [ガラス瓶に手紙を入れて]
昨年末、政府の行った予算の仕分けが、新聞紙上を賑わしました。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 18時31分

« 実に楽しくなるコラム! | トップページ | 米エネルギー省の「Energy」 SIM »