« 日本棋院訪問の続き(2) | トップページ | Daden社の受賞2作品 »

テスラの日本進出

テスラ・モーターズのという米国のベンチャー企業をご存知の
方は、結構多いのではないでしょうか。

特に、車好きの方なら、今や誰でも知っていると思います。

テスラ・モーターズという会社は、電気自動車を作るために
設立されたのですが、それが2003年とは、セカンドライフ
サービス開始の年とも一致する、まさに時期尚早な会社。

しかし・・・大した先見の明ですよねえ~

なぜテスラが有名になったかですが、ロードスターという名の
その車は、一回の充電で400kmも走れ、静止状態から時速
60マイル(約97km) に達するまでの時間が、たった3..9秒

という優れものだからです。

カリフォルニア州知事の、あのシュワツネッカーさんをはじめ
錚々たる顔ぶれがユーザーになっています。

米国での価格は10万ドル(930万円) と高価ですから、まあ
当然ながら富裕層の人達が購入しているということです。

北米と欧州を併せて、これまでに1000台余り販売したとのこと。

そのテスラ・モーターズが、ついに日本にやって来るというのです。

「おお~いよいよ、電気自動車の時代に突入だあ・・・」

日本国内での価格は未定だそうですが、環境意識の高い富裕層
をターゲットに、電話やネットで注文を受け付けるとか。

もちろん私みたいな貧乏人には、まるで縁のない車です。

が、そんなことより、電気自動車という、100年も前にエジソン
作り 「これからは電気自動車の時代だ!」 と主張したそこに、
遠回りはしたが、回帰するんです。

この現象を、お墓の下のエジソンはどう思っているのだろうか、と
何か妙に感動を覚えずに居られません。

日本ですから、右ハンドル左ハンドルの両方を用意し、どちら
でも好きな方を選べるようにするとか。

日本でどのぐらい売れるかも興味有る話ですが、とにかく早目に
一度、乗せて貰いたいものですねえ~

このロードスターで、東名東北自動車道を突っ走ったら、
さぞや気持ち良いでしょうね。

2010.4.22 記

-----------------------------------------------------
100317m

先日、フライトソフト (高く飛ぶためのソフト) を身に着けて
どこまでの高さまで行けるのか実験してみました。

20分以上PageUPキーを押し続け、51000mを越しても
まだ終わらなかったので、指も痛くなったし続行断念・・・

これって際限なく行けるんですかねえ~
もっと行けば、山崎直子さんと会えたのかも・・・あははははは

100421sasuke_002

SASUKEの神になる(?)キャンプ

この状態でゆっくり回るんです。
時々妖精達が、現れて私の周りを回っては消える。
実に神々しい雰囲気なのです。

そうそう、次のようなタイプも有ります。

100422_001

真っ赤なバラの花に包まれながら、ピタッとこの格好で静止し
やはりゆっくり回るんです。

神に召されるイメージなんですかねえ~・・・ これ!

そしてまたティンカー・ベルのような妖精が現れては消える。













|

« 日本棋院訪問の続き(2) | トップページ | Daden社の受賞2作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436040/34336952

この記事へのトラックバック一覧です: テスラの日本進出:

« 日本棋院訪問の続き(2) | トップページ | Daden社の受賞2作品 »