« 今日は簡単に・・・ | トップページ | 3D時代到来!! »

インドの底力

本日は、またまた一転、寒い一日になりそう・・・

ところで、今朝の日経新聞の記事を見て、「おお~」 でした。
それは、「中国を凌駕し始めたインド」 という記事です。

何が中国を陵駕し始めたかというと、シンガポールタイなどの
ASEAN6カ国との中国インドの両国に対する、昨年1~10月
の貿易収支の黒字幅
の話なんですよねえ。

中国29億ドルで、対インドは、何と3倍87億ドルとのこと。

いつの間にか、逆転していたということですよ。
両国のASEANからの輸入額は、ほとんど変わっていなくて
ASEANからの輸出額が、大きく変ったからなのです。

「うんうん、これから潮目が変わって来るぞぉ~」
そう思いましたねえ。


私は、インドのケララ州に拠点を持っている、日本法人
日本ネストというIT会社と、長くお付き合いして来ています。

同社が進めている、日本企業のソフトウェア開発をインド
オフショアする事業
は、すでに12年余りになり、十分に実績を
残しています。

が、「やっぱりインドは遠い」 それが一般の日本人の受止め方。

大多数の日本人が、「インドをまるで知らない」 と言い切っても、
少しもおかしくないところに、それを肌で感じます。

ゼロ) を発明し、二桁99を暗記している国。
料理は何でもカレー味。ほとんどの人がヒンズー教信者
男はターバンをかぶり、女はサリーを常用。
肌の色が浅黒く、独特の顔つきをした人種。
国内のどこに行っても汚い。やたら人口が多い。

そんなイメージなのでは有りませんか。
実は当っていることと、当っていないことが有るんです。

まあ、それはともかく、私がインドを好み、信頼する理由は、

親日国家であり、民主主義国家だからです。

遠いインドが、うんと近くなる

そんな日の到来は、そう遠くないでしょう。

2010.4.15 記

----------------------------------------------------
100415_001

今朝、ホセさんがサンドボックスに作った池付き庭園
見ながら、スカイプで話をしました。

我が家の裏の池は、その延長線上の話なのです。
私のイメージに合ったにして欲しい、と頼みました。

困ったことには、ですから、穴を掘る必要が有るのに
オーナー三木さんは、まるで熱意のない人なので、その設定を
ちゃんとやってくれず、掘れないことです。いやはや・・・

100415

SASUKE絵描きキャンプに行くと、久し振りにアホヤン
会ったので、こんな会話をしました。

相変わらず、BOT(ロボットの略)を作り、迷惑行為をやる
大バカ者が多いんですねえ。

100414_001

こうやって、単純にダンスキャンプを楽しんだりすれば、
みんなが平和に楽しく暮せるのになあ~ たく~・・・


















 

|

« 今日は簡単に・・・ | トップページ | 3D時代到来!! »

コメント

ほぉ~インドがそんなに^^
斉さんのおっしゃる通り、親日で民主主義の国の発展は嬉しくなりますねhappy01

で。キャンプでボットって まだ居るんですね~wobblyやれやれですねぇ~^^;

投稿: hirohiro315hiro | 2010年4月18日 (日) 17時49分

ひろさん

お久し振りで~す。^ ^
コメントありがとうございます。

そうですよね。日本は、もっともっとインドを知るような
教育やイベントをやるべきだと思いますよ。

首相が行って話をしてお茶を濁すだけでは、何の進展にも
繫がりません。本当に困ったものです。

そうそう、ボットの問題は、しぶとく続いています。
追放されても、名前を替えてまた登場し、また追放され、
また・・・と、いたちごっこを繰り返す。

愚か者は、どこまでも愚か者なんですねえ~
全く、いやはや、としか言いようが有りませんよ。

またその内、SLでお会いしましょう!

投稿: 斎さん | 2010年4月19日 (月) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436040/34237238

この記事へのトラックバック一覧です: インドの底力:

» 逆転サヨナラホームラン馬券術 [逆転サヨナラホームラン馬券術]
そんな馬券術があるとしたら [続きを読む]

受信: 2010年4月15日 (木) 14時03分

« 今日は簡単に・・・ | トップページ | 3D時代到来!! »