« 霊感師に頼る・・・それも良し! | トップページ | プロントのモーニング »

「量子コンピュータ」 は霊界に通じる道?

なんだあ~そのタイトル?! と言われそうですね。

それこそ、早稲田大大槻教授から「バカなこと言うな!」
と、鼻で笑われる話でしょう。

が、世の中の現象で、通常の物理学では説明不能なことは
やっぱり有るんです。

先日、日経新聞を読んでいて、「量子計算機の開発に一歩
という、実に興味深い記事を見つけました。

量子コンピュータが出来ると、現在の最高速のスパコン
(スーパーコンピュータ) では解読が困難な暗号でも、一瞬で
解けてしまうとのこと。それこそ超の上に超が付くスパコン。

すごいですよねえ~

その夢の量子コンピュータが開発できそうというのです。

それが何と、今流行りのLEDを組み合わせる、というんです。

LEDと言っても、特殊な光を放つ赤色発光ダイオード(LED) と
いう物じゃないとダメだそうですが。

しかし・・・??? 目がテンになってしまいますよねえ~
なんでLEDなんかで出来るだろうか?

この特殊なLEDを開発したのは、東芝の欧州研究所英国
ケンブリッジ大学
との共同だそうで、「おお~」 でしたねえ。

読んだ限りでの理屈は、こうです。

このLEDを作ると、基板の表面にナノ (10億分の1) メートルの
微細な山が出来る。

そこに電気を通すと、山の部分を通じて、「量子もつれ」 と
呼ばれる状態の光の粒が発生する。

その光の粒を計算に用いるようにすると、量子コンピュータ
出来ちゃう、とまあ、そういうことなんだそうです。 ふー・・・

で、ですね。
実は、この「量子もつれ」 という現象。
これが通常の物理学では説明が付かない現象なのです。

実際に量子コンピュータに作り上げるためには、LEDを小さく
集積することが必要で、そうすると量子コンピュータ用の
半導体チップが出来るというわけ。

と言うほど簡単な話ではなく、可能性を見い出した第一歩に
過ぎないということのようです。

しかし、こんな話に遭遇すると、私の空想癖が、むくむくと
頭を持ち上げるんですよねえ。

これまでの理屈では証明し得ない世界が、山のように有る。
そんな未知の世界の中に、霊界は存在するのではないか。

極小を極めて行くと、物の振る舞いがまるで変わったりする
ことは、良く知られていますよね。

究極のスパコン量子コンピュータは、今私達が見えている
世界とは、全く別の世界も見せてくれるのではないか。
そう思えて仕方がないのです。

一緒に住んでいた義父が、突然他界した32年前のことは、
今も忘れることが出来ません。

死を予感させるメッセージ (虫の報せ) を私に寄越し、亡く
なった3日後、
夢枕に立ち、私にお礼と或る依頼事項を
伝えてきました。

私は起きてすぐ、彼の依頼事項を義姉や妻に話し、直ちに
叶えて上げました。

そして
49日目。再度、私の夢枕に立った彼は、三途の川
渡し船に乗る寸前でした。私に深々と頭を下げて乗り込み、
二度と私に顔を見せることはなかったのです。

それは明らかに現世に戻ることはない、という後姿でした。

以来、間違いなく、「三途の川」 というのが有って、離脱した
魂は別の世界に行くのだと、確信するようになりました。

三途の川を渡った向こうの世界って、どうなっているのか。
まあ行ける日は、そう遠くはないんだけどね。あははははは

でもなあ~行く前に知って置きたい、と思っちゃうよねえ。
でもって、「霊界の様子を3Dで中継しま~す」 とか。
あははははは もうよしましょう。

とにかく量子コンピュータが実現できたら、何か別の世界が
見えて来るんじゃないですか。

量子もつれ」 という不可思議な現象・・・
どうしても、何かを予感させずにおきません。

2010.6.7 記

---------------------------------------------

100603_010

久し振りにOdeという花だらけ海外SIM
行ってみました。

ここは親密なカップルが、誰にも邪魔されず、
恋をささやくのに最適な場所なのです。

花畑の中を少し歩いていると、

100603ode

ほら! 男女が花の下に潜っていますよ。
「どんな会話をしているの?」 ですって!

はははは、そりゃ勿論・・・と、言っても日本語じゃ
ないので、私にはわっかりませ~ん。ハイ!

それにヤボなことをしてはダメ!
持てない男は、ただ悄然と消え去るべし・・・

100603

で、次に飛んて下りたSIMが、また???

川の中で人魚(れっきしたアバター) が居ます。
が、何をしているのか意味不明・・・

キャンプではなさそうだし、大きなウロコの付いた尻尾を
時々バタバタさせているだけ。うーん・・・

他にも誰か居るので、行ってみると

100603_2

ちょっと黒人っぽいメカニックな女性が、全裸(?)で
盛んに踊りまくっていました。
で、呆然と見詰める私・・・

このSIMもアダルトっぽい雰囲気いっぱい・・・


































|

« 霊感師に頼る・・・それも良し! | トップページ | プロントのモーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436040/35029026

この記事へのトラックバック一覧です: 「量子コンピュータ」 は霊界に通じる道?:

« 霊感師に頼る・・・それも良し! | トップページ | プロントのモーニング »