« すごいIT企業!! | トップページ | 閑話休題・・・ »

中古車を電気自動車する!!

2020年の時点で、EV電気自動車) のシェアは、どの程度に
なっている、と思いますか?

勿論、そのシェアとは、日本の話ではなく世界の話で、です。

日産カルロス・ゴーン社長の予想は 「1割」で、日本電産
永守社長は 「3割」 と、かなりの
開き。

実は永守社長の強気の 「3割」説を、私は支持しています。

EV
普及には、様々な問題が有ります。

充電スタンドと云ったインフラ整備。1回充電で走れる距離の
問題。高い値段。法整備も必要。意識改革も必要・・・

が、米国中国は、明確にEVへの切り替えを促す方向に
動き始めています。

特に中国では、ハイブリット車を無視して、EVに移行させよう
という方針に打って出ました。

今や、中国の車の保有台数は世界一になっていて、2020年
には、1億6千万台に達すると予測されています。

中国は国を挙げて、大半をEVにしてしまおうというわけです。
当然、他国への売り込みも目論んでいるはず。

この時代、開発競争のテンポは20世紀の比ではありません。
驚くような革新技術が、次々に登場すると思うのです。

例えば、1回充電で1000km走れる小型電池とか・・・


ところで、先日、実に興味深い記事を見つけました。

中古車買い取りで知られるガリバーインターナショナル社
羽島会長が、社員に呼びかけた話。

それは、中古車からエンジンを外し、電池とモーターを載せて
電気自動車にしてしまい
、それを売ろう、というのです。

「おお~これはすごい!」 と、思わず唸ってしまいました。

3年後を目途に、国内420の中古車店舗で販売すると。

羽島会長の 「車はCO2ゼロにすべき」
という情熱が、
ひしひしと伝わって来ますよねえ~

一気に、というのは、色々問題が有るので、そう簡単なこと
ではないでしょう。

が、しかし、ハイブリットなどと言っている時代が、そんなに
長くないことは、容易に想像が付きます。

果たして、2020年に 「EVが3割」 になっているや否や。

ボケずに生きていたら、見れるかも・・・

2010.7.28 記

------------------------------------------




















|

« すごいIT企業!! | トップページ | 閑話休題・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436040/35929270

この記事へのトラックバック一覧です: 中古車を電気自動車する!!:

» 地球温暖化のウソと環境問題の真実 [地球温暖化のウソと環境問題の真実]
地球温暖化のウソと環境問題の真実の情報です [続きを読む]

受信: 2010年8月12日 (木) 15時00分

« すごいIT企業!! | トップページ | 閑話休題・・・ »