« クラス会と云う名の残暑払い | トップページ | 心優しき娘達の粋な計らい »

一息ついて・・・

昨日は大失敗してしまいました。

折角、ブログを書いたのに「今すぐに公開」 に移せず、
今朝になってしまったからです。

なぜそんなことになってしまったか、ですが、本文
書き終えて、写真を貼ろうとしたらエラーになったのが
発端でした。

「えっ!なんで?」 と数回繰り返すも、やっぱりエラー・・・
「うーん、困った・・・」

外出予定が迫っていたんです。

再起動してみたらどうかなあ~」 とブツブツ言いながら
とにかく再起動してみたのです。

が、やっぱりダメ・・・

中途半端な形では出せない。しかし時間がない。
で、結局、外出優先にせざるを得なくなったというわけ。

そして今朝、落ち着いて考えてみた結果、ははは
上手く行ったんですねえ。

「何がおかしかったの?」 ですって!

それが、あまりにもお粗末な失敗なので・・・
うーん、とても書けません。悪しからず !happy02 coldsweats02


ところで菅首相民主党の代表に再選されました。
まあ当然と云えば当然の結果ですよね。

これで2年間は代表のままのはずで、一応信任された
のだし、そういう意味では地固めは終わったということです。

問題は国民感情と乖離している同党の議員達でしょうが。

まあここまで来たんだから、菅さん本気になって日本国
ために、思い切った改革を進める、という彼の思いを、
徹底的に貫くべきですね。

とまあ、私が密かに応援している、小宮山洋子さんなら
そう言うかなあ~と。ははははは


やっと今日は涼しくなってくれました。本当に助かります。

先日、3Di社鎌田さん(取締役) から、私のTwiiter
フォローが入りました。

「へえ~鎌田さんフォローしてくれたのかあ~」 と実は
ひどく喜んだのです。

3Di社は、セカンドライフのプラットホームのオープンソース
である 「OpenSIM」 をベースに、様々なビジネスツール
作り、広く展開して来ている会社です。

セカンドライフや「OpenSIM」 は、何が最も特徴的なのか
と聞かれたら、私は 「リアル感の有るコミュニケーション が
実現できる
」 と、即座に答えるでしょう。

鎌田さん、その特徴を活かしつゝTwitterのような緩やかな
繫がりを実現しようと、cocoron () というサイトを立ち上げた
とのこと。


まあセカンドライフや類似の仮想世界に興味を持ち、実際に
ひやかしではなく、じっくり取り組んで来た人なら、このことは
十分に理解できると思いますが、そうでない人に取っては、
たぶん理解不能な話でしょう。

リアル世界でも良く有る話ですが、人は皆、日々の体調変化
や事象変化に左右され、その結果、感情に起伏が生じます。

どんなに親しい人で有っても、顔を突き合わせたくない、
話したくない、という時が有るものです。

互いにそんな気分の時に、無理に話をしたりすると
些細なことで口論になったり、決して口に出してはならない
ことを言ってしまって離別に至る、という事態すらも起きて
しまう。

こういうことが、セカンドライフのような仮想世界では、
もっと頻繁に起きるのです。

その理由は、実際の顔が見えない同士だからです。

実際の顔が見えないので、大胆な物言いが出来る。
それでプライドを傷つけられたり、大事にしている部分に
まで踏み込まれると、その世界に留まるのが苦痛になる。

結局、その人は失意の内に去って、二度と来ることは
なくなるというわけです。

私はその例を、嫌と言うほど見て来ています。

Twitter は、140文字までという制限が有るので、多くの
ことは書けません。

その多く書けないことが、思わぬ効果を招いたのです。
感情移入の文章を書いていては、主題が疎かになります。
従って、どうしても主題を書く、が優先されます。

しかも時間の経過と共に、前文はすぐに埋没して行きます。
いっ時は怒りを覚えても、すぐに忘れてしまうのです。

それが 「緩やかな繫がり」 というわけです。

鎌田さんセカンドライフ的な環境の中に、Twiiter的な
繫がりを実現しよう、という試みは、確かに面白いでしょう。

残念ながら、私のような年代の人達で、私みたいに仮想
世界
を楽しもうなどという人は、まさに稀有です。

きっと時代が何年か流れれば、ごく普通の話になっている
のかも知れませんが・・・

2010.9.15 記

--------------------------------------------
昨日の朝、いつもように絵描きキャンプをやっていると
Daikitiさんがやって来ました。

少し立ち止まってから、池の方に歩き何かを出しました。


100913_001_2

じっと見ていると、背中に旗を立てたのようです。

100913_003

また近くに戻って来てを走らせます。
リモコンで動く犬でした。

ラジコン犬で~す」 と彼女。
「へえ~面白いねえ~」
さいさんに上げましょうか」
「おお~ぜひ!」

彼女はすぐにはくれず、少し間を置いてから、私の元に。
丁度、私の絵描きキャンプが終了したタイミングでした。

なので、貰ったラジコン犬を走らせて遊んでいるところに、
まりなさんが登場し、彼女もDaikitiさんから貰いました。


100913

で、こんな具合に、3人で走らせて遊んだという次第。

私のはどれか分かりますか?
そそそ、の上に 「斉犬」 と書かれているでしょ!
手前のが、それで~す。good

彼女が私にくれる時に、少し間を置いたのは、私の名前を
入れてくれていたんですねえ~ happy01 happy01 lovely


こうした緩やかな繫がりこそが、長く楽しむコツなんですよ。









































|

« クラス会と云う名の残暑払い | トップページ | 心優しき娘達の粋な計らい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436040/36749574

この記事へのトラックバック一覧です: 一息ついて・・・:

« クラス会と云う名の残暑払い | トップページ | 心優しき娘達の粋な計らい »