« 「目からウロコ」の話 | トップページ | 一息ついて・・・ »

クラス会と云う名の残暑払い

朝夕の空気が、めっきり涼しくなって来ました。

それでも昨日なんかは、昼過ぎになると、まだまだ暑く
ハンカチでは間に合わず、タオルで汗を拭うほど。

今年の猛暑のせいで死んだ乳牛は959頭、は600頭
を超え、に至っては29万羽とのこと。まさにいやはや・・・

そんなことで、8月の後半に高校時代の同級生T君
メールを寄越し、「斎さん、残暑払いをやろうや」 と。

関東地区に住んでいる連中とのクラス会は、それなりに
面白いのです。

男子校なので、女っけは全く有りません。
その上、当時の先生は全て男だったので、先生を肴にしても
さして盛り上がりはしません。

そういう点では、大いに物足りないのですが、その分、男だけ
の遠慮のない会話が平気で弾む、というわけです。

このクラス会の頻度ですが、昔はほとんど行なわれることは
なく、定年退職してから増えるという、まあどこにでも有る
パターンと言えるでしょうか。

クラスの中で、私みたいにスピンアウトして起業したのは、
他に一人だけで、その彼も先年、自己破産してしまい、
広島か岡山に蟄居してしまったとのことで音信不通。

またクラス40人の中で物故者は3人。
一人は20代の時に、左翼系の記者に転じ、ベトナム
取材中に流れ弾に当って死亡。
後の二人は、50代後半と60代に共にガンで死去。

一般的に見て、多いのか、少ないのか、普通なのか・・・

東京駅の八重洲北口で、午後3時に待ち合わせ。
そんな時間に設定したのは、T君の計らいで、早く始めて
早く終わる
、を目指したというわけです。

東京駅にしたのは正解で、西方面は久里浜、長津田
東の方面は日立市や東海村という連中が居たからです。

久し振りにみんなに会えるのが嬉しいらしく、7、8分前に
北口改札に行くと、一人を除き集まって談笑中。

「やあ、みんな早いなあ~」 の私の声に
「俺なんて、30分も前に来てたよ」 とT君
「俺は15分」 「俺もお~」 と口々に。
「みんなよっほどやることないんだぁ~」 と茶化して大笑い。

「じゃあT君O君が来るのを待っててよ」 と言い残し


「さあて飲み屋を探しに行くかあ~」
「ええ~決めてなかったの?」 と彼ら。
「大丈夫だよ。ここには飲み屋なんて腐るほど有るから」
「だろうなあ~東海村の田舎なんか違うものなあ~」 とS君

彼らを引率して2階の飲み屋街に案内し、店を物色する。

1軒目は好みが合わず、少し高そうなので敬遠。
2軒目の品数豊富で、リーズナブルな値段が気に入り
そそくさと入って、

「7人なんだけど、独立した形に出来る?」 と聞く。
「ああ~出来ますよ。ちょっとした部屋ですが・・・」
「おお~そうか。じゃあここに決めよう。誰かT君にこの店に
 したからと伝えて来てよ」 と指示し、部屋を作るのを待つ。

間もなくT君O君を連れて揃ったところで 「中生7つ!」
と大声で店員の女の子に伝えて、まずは久し振りだった
人達同士での会話が、一気に始まったのであります。

中生ジョッキが来たところで、みんなで 「かんぱ~い!」
叫んでガッチーン! いや~ビールの旨かったこと。good happy01

こんな時の話題なんて、幾らでも出て来ます。
勿論、女性が居ないから、その方面の話も満載。
あははははは

宴もたけなわを過ぎた頃、
「そういえば、1組のあの男はどうしてるの?」 と私が問うと
「ああ~あいつかあ~1組ってさあ、結束力が全くなくて
 クラス会を全然やってないんだ。だから誰が何をしてるか
 さっぱり分かんないって、奴が嘆いていたよ」 とT君
「ふーん・・・そんなに違うのかあ~」

つまり私達は2組だったんですねえ~
なんでそんなに違ったのか・・・

T君の話を聞きながら、1組は入試成績優秀組で、2組
それ以下の連中、だったのではないか、と、ふと浮かび
思わず、ニヤッと笑っていました。

そしてそれはT君を見て、はっきり確信に至ったのです。
当時、母校から二人のユースサッカー選手を輩出したの
ですが、それは我が2組T君S君でした。

T君は、今でも(財)日本サッカー協会A級コーチの肩書き
を持つ、バリバリの体育会系なのです。

「そうだよなあ~1組はいつも成績良かったものなあ~」
「うんうん、2組は頭は今一だけど運動は得意だったなあ」
「あははははは、だから結束が良いんだよ」
「そうだ、そうだ」 と全員同調。

またたく間に時間が経ち、19時が過ぎたところで、
「じゃあこの辺でお開きにしようや」 とT君
「そうだな。遠い人も居るし丁度良いタイミングだ」

みんなで東京駅の中に入って、それぞれに帰途に着く。
東海村から来たS君と二人だけになり、山手線に乗る。

「ちょっと二人で軽くやろうか?」 と私。
「うんうん、まだ早いしそうしよう」 と日暮里で降りる。

実はS君とは、3年間の高校生活の間、ずっと席が前後の
関係だったので、当時からすごく仲が良かったのです。

結局、彼と小一時間ほど談笑し、固い握手を交わして
またの再会を楽しみに見送ったのでした。

こういうクラス会も、たまには良いものですね。

2010.9.14 記

-------------------------------------------
今朝、Daikichiの我が家で起きると、窓の景色がガラッと
変っていました。

100913_001

よりかさんが季節に相応しい景色に変えてくれたのです。
美しいコスモス・・・ 私の大好きな花の一つです。

ありがとう!よりかさん!! lovely













 





























|

« 「目からウロコ」の話 | トップページ | 一息ついて・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436040/36729631

この記事へのトラックバック一覧です: クラス会と云う名の残暑払い:

« 「目からウロコ」の話 | トップページ | 一息ついて・・・ »