« 前を向いて行こう | トップページ | 宮古島のスマートグリッド、稼動開始!! »

まだ序の口

2年ほど前に、猫も杓子も中国に向かう日本の流れを見て
いずれ必ず困った問題が発生するだろう、と書きました。

今回の尖閣諸島に端を発した、内陸部都市でのデモ騒ぎ
報道をみて、「ほら!やっぱり~」 でした。

そしたら慌てゝ三越伊勢丹が出店計画を中止するとのこと。

「そりゃあ当然だろ!」 と呟きながら、その一方で
「しかし日本人って、どうしてこんなに先が見えないのかなあ」
でしたねえ~

「あそこが中国に行って儲けてる。だったらこっちも早く行って
 儲ける算段をしないと!」 と、まるで直線的な思考で進出
した企業の何と多かったことか。

政治体制が全く違う上に、昔から因縁の有る国なんです。
こっちが考えていることと、向こうが考えていることとが、
天地ほど違ったとしても、何の不思議もないですよ。

がしかし、これはまだ序の口の話。
2、3年後に、遥かに深刻な問題に発展する思っています。

来年 (もう始まっているようなものだけど) からレアアース
生産を思いっ切り減らす、と中国は公式に宣言したとのこと。

これも日本に取って、勿論、大問題です。

「何とか交渉して、それだけはやめて貰おう」 と政治家や
企業のトップ連中が叫んでいますが、きっと無駄な論議で
終わるでしょう。

そんなことに時間を費やす暇が有ったら、さっさと、別の
産出国を探す努力と、レアアース不要技術を開発・実用化
する方向に、シャカリキになるべきですね。


ところで、日本インドとの間で、EPA (経済連携協定)
結ばれることが本決まりになりそうです。

そうなると、物品の関税撤廃やサービスの外貨規制撤廃の
他に、人やお金の移動が自由になります。

これは非常に良い話で、私はかなり前から、そうすべきだと
書いています。

何しろインドという国は、民主主義国家であるとともに、
親日国家
だということを忘れてはなりません。

しかも、いずれは中国を追い越す人口と経済の伸び盛り。
間違いなく、中国に対する軍事・経済面での抑止力効果は
極めて大きいはずです。

「でもインドにはカースト制度が有るじゃないですか」 と、
言う人が居ます。

勿論、その形が色濃く残っている部分は、確かに有ります。
インドの憲法では、カースト制度を廃止し、消滅させている
んですけどね。

しかし、古い産業分野ではともかく、ITのような新分野では、
若い人達が中心で、かつ能力が物を云う世界なので、
それこそカースト云々なんて、「古いふるい」 となります。

日本が今後とも順調に生きる道。
それは絶対に、政治思想を共有できる国家同士の緊密な
関係を築く
、それが最良の方策なのです。

寝た子 (日本人はいざとなると猪突猛進する) を起こさない
ためにも、ね。

2010.10.20 記

--------------------------------------------
先日、東京情報大学井関教授が、OpenSIMを用いた
サーバシステムの構築用の本を3冊送ってくれました。

101020

表紙のタイトルです。Ver0.7対応とのこと。

1010201132

これが本のイメージ。

1010201134 

表紙をめくると、可愛い子ちゃん3人とハッカー崩れの
恐い先生
がアニメで・・・

彼らが随所に登場して楽しく読める、と、まあそういう
ことなんですなあ~ 

ドラッカー大先生の難しい本を、マンガにしちゃって
大ヒットの世の中ですから。

「ご時世!ご時世!」 てなもんですよ。おじさん!!





























|

« 前を向いて行こう | トップページ | 宮古島のスマートグリッド、稼動開始!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436040/37313473

この記事へのトラックバック一覧です: まだ序の口:

« 前を向いて行こう | トップページ | 宮古島のスマートグリッド、稼動開始!! »